犬の平均寿命・犬種別一覧リスト

 以下でご紹介するのは、犬種別に見た平均寿命一覧リストです。日本国内におけるデータの他、イギリスにおけるデータを比較として載せておきます。

日本国内の犬の平均寿命

 日本国内において代表的な純血種犬の平均寿命一覧です。ペット保険に加入している犬(2013年度)から収集した膨大なデータが元になっています。犬種の前にあるアルファベットは「T=超小型犬」「S=小型犬」「M=中型犬」「L=大型犬」「G=超大型犬」という意味です。
出典

Life expectancy and causes of death for insured dogs and cats in Japan, Mai Inoue, Atsuhiko Hasegawa, Anicom Holdings Inc.

犬の寿命中央値・イギリス1999年

 イギリスにおける代表的な純血種の寿命中央値です。1999年、3千人を超える犬の飼い主に対して行われたアンケート調査結果が元になっています。全ての死亡原因を合わせたときの寿命中央値が犬全体で11歳だったのに対し、死亡原因を「自然死」に限定したときのそれは12歳8ヶ月と大きな開きが見られました。この原因は、英国においては安楽死に対する抵抗が少なく、病気、怪我、そして時には問題行動が原因で安楽死となる犬の数がかなりいるからです。なお「中央値」とは複数のデータを並べた時、ちょうど真ん中に来る数値のことで、平均値とは少し違います。
出典

Longevity of British breeds of dog and its relationships with-sex,size,cardiovascular variables and disease, A.R.Michell, Veterinary Record (1999)145,625-629, doi.org/10.1136/vr.145.22.625

犬の寿命中央値・イギリス2014年

 イギリスにおける代表的な純血種の寿命中央値です。イギリスの犬種協会である「ケネルクラブ」に登録されている純血種のうち、2014年に死亡届けがあった5,663頭のデータが元になっています。死亡原因として最も多かったのは老衰で13.8%。それに悪性腫瘍(がん)の8.7%、心不全の4.9%が続きました。犬全体の寿命は中央値で10.33歳だったとのこと。なお「中央値」とは複数のデータを並べた時、ちょうど真ん中に来る数値のことで、平均値とは少し違います。
出典

Longevity and mortality in Kennel Club registered dog breeds in the UK in 2014, T. W. Lewis, B. M. Wiles et al., Canine Genetics and Epidemiology (2018) 5:10, https://doi.org/10.1186/s40575-018-0066-8

関連ページ このページ(犬の平均寿命・犬種別データ)は犬に関する総合情報サイト「子犬のへや」の一部です。以下の関連ページも是非ごらんください。
子犬のへやトップ> 犬の老化と向き合う> 犬の死> 犬の平均寿命・犬種別データ(←いまココ!)