トップ犬の種類は行に属する犬の種類ボーダーテリア

ボーダーテリア

 ボーダーテリアの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

ボーダーテリアの基本情報

ボーダーテリア
  • 体高
    オス⇒ 25cm
    メス⇒ 25cm
  • 体重
    オス⇒ 6~7kg
    メス⇒ 5~6kg
  • 分類
    テリアグループ
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

ボーダーテリアの歴史・ルーツ

チェビオト丘陵の位置  ボーダーテリアの起源は、イングランドとスコットランドの国境付近にあるにあるチェビオト丘陵周辺(右地図)で育種されていた犬だと考えられます。祖先犬については定かではないものの、ベドリントンテリアダンディディンモントテリアと血縁関係があるのではないかと推測されています。イギリス原産テリアの中では最も古い歴史を持つ犬種です。
 1870年代にドッグショーでデビューを飾り、それから50年後の1920年にはイギリスのケネルクラブで公認されています。アメリカのAKCで公認されたのは1930年のことです。
 犬名に関しては、作出当初は「コーケットデール・ テリア」(Coquetdale terrier)と呼ばれていましたが、1870年からはスコットランドとイングランドの国境地帯(ボーダー)ちなみ、「ボーダーテリア」呼ばれるようになりました。

ボーダーテリアの性格・特徴

 ボーダーテリアの性格は活発で明るく、トレーニングにもよく反応します。基本的に攻撃性を見せることはありませんが、テリアとしての追跡衝動が強いため、小動物との共同生活には注意が必要となるでしょう。
 身体は、馬と併走できる長い足とキツネの巣穴にもぐりこめる小さな体が特徴です。頭は幅広くてマズルは短く、耳はV字型で頬の横に垂れ下がります。被毛は、柔らかいアンダーコートと硬い針金のようなアウターコートのダブルコート。色はグリズルアンドタン、ブルーアンドタン、レッド、ウィートンなどです。

ボーダーテリアのお手入れ・注意点

 硬い被毛には1週間に1度のブラッシングをし、年に4回くらいは手でむだ毛を取り除いてあげましょう。 体を動かすことが大好きなボーダーテリアには、毎日、適度な量の散歩が必要です。

ボーダーテリアの動画

 以下でご紹介するのはボーダーテリアの動画です。
 ウマに伴走し、同時に穴の中のキツネを追尾できるようなテリアということで開発されましたが、特にイギリスとスコットランドのボーダー近郊で活躍した「ボーダーフォックスハウンド」という狩猟犬の群れが現在の犬種の基礎となっているようです。1800年代後半にようやくショーに登場し、イギリスのケンネルクラブに公認されたのは1920年になってからでした。AKCでは1930年に公認されています。
元動画は⇒こちら
ボーダーテリアトップへ