トップ犬の種類は行に属する犬の種類バーニーズマウンテンドッグ

バーニーズマウンテンドッグ

 バーニーズマウンテンドッグの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

バーニーズマウンテンドッグの基本情報

バーニーズマウンテンドッグ
  • 体高
    オス⇒ 64~70cm
    メス⇒ 59~66cm
  • 体重
    オス⇒ 40~44kg
    メス⇒ 40~44kg
  • 分類
    ワーキンググループ
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

バーニーズマウンテンドッグの歴史・ルーツ

スイスの位置  バーニーズマウンテンドッグの起源は定かではありません。2000年以上前、古代ローマ軍が軍用犬としてスイス(右地図)に持ち込んだマスティフ系の大型犬と、スイス土着の牧畜犬が混ざりあって原型が出来上がったと考えられています。
 この犬は、山間部においては家畜の群れを統率する牧畜犬として、そして市街地では農場でできた乳製品を荷馬車に乗せて運搬する荷引き犬として、長らく活躍してきました。しかし産業革命時になると、自動車や蒸気機関車を始めとする輸送機関にその役割を奪われ、一時は絶滅の危機に瀕してしまいます。アルバート・ハイム教授その後、1800年代末、絶滅を危惧した一部のブリーダーやアルバート・ハイム教授(写真右)によってこの犬種の復興計画が始まり、スイス・デュールバッハ地方に残っていた数頭の犬から個体数の回復が計られました。こうして復元された犬が、現在のバーニーズマウンテンドッグの基礎犬です。アメリカへは1926年に渡り、1937年にはAKCの公認を受けています。
 この犬は、スイス国内では「ベルンの山犬」を意味する「Berner Sennenhund」と呼ばれています。「バーニーズマウンテンドッグ」という英名は、上記呼び名を英語に直訳したものです。

バーニーズマウンテンドッグの性格・特徴

 バーニーズマウンテンドッグの性格は、穏やかで主人に忠実です。忍耐強く、子供や他の動物とも比較的うまく共生できます。
 身体は、少数の犬から繁殖されたという歴史的な事情から、遺伝的に問題を抱えた犬の出産率がやや高い傾向にあります。特に骨格、関節などの肉体的欠陥や、系統によっては攻撃的な性格を現す個体が出現する事もあるようです。被毛は漆黒の長毛で、四肢、頬、目の上には赤褐色の斑が入り、胸元はホワイトです。

バーニーズマウンテンドッグのお手入れ・注意点

 バーニーズマウンテンドッグは特に寒い時期には外に出して遊ばせるとよいでしょう。運動量は、毎日ゆっくりしたペースの散歩やハイキングを取り入れると喜びます。人間と一緒にいることが好きなので、室内飼育が理想です。被毛は週に1~2回程度のブラッシングが必要となります。換毛期(毛の生え変わる時期)には大量の抜け毛がでますので注意してください。

バーニーズマウンテンドッグの動画

 以下でご紹介するのはバーニーズマウンテンドッグの動画です。
 きつい労働に耐えるために筋肉が発達しており、同じ体高を持つラブラドールレトリバーよりも、体重が約30%ほど重くなっています。非常に力持ちで、体重のおよそ10倍に相当する450キロの荷物を引っ張ることができます。またマーフィーという名の犬は1トン近い重量を引っ張ったとか。しかし引っ張るのが好きだからといってむやみやたらに重いものを任せるのは要注意です。
 寿命は短く、10年以上生きるものはまれです。健康面では股関節形成不全症、鼓脹、軟骨炎などへの注意が必要です。
元動画は⇒こちら
バーニーズマウンテンドッグトップへ