トップ犬の種類は行に属する犬の種類フラットコーテッドレトリバー

フラットコーテッドレトリバー

 フラットコーテッドレトリバーの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

フラットコーテッドレトリバーの基本情報

フラットコーテッドレトリバー
  • 体高
    オス⇒ 58~62cm
    メス⇒ 56~60cm
  • 体重
    オス⇒ 27~36kg
    メス⇒ 25~32kg
  • 分類
    スポーティンググループ
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

フラットコーテッドレトリバーの歴史・ルーツ

 フラットコーテッドレトリバーは1800年代初頭、北アメリカのニューファンドランドから持ち込まれた水泳の得意なレトリバー犬種と、ヨーロッパ在来の猟犬とが、イギリスにおいて混ざり合って生まれたと考えられています。当初これらの犬は、その被毛のタイプによってウェービーコーテッド(ウェーブの掛かった)、スムースコーテッド(短毛の)、フラットコーテッド(直毛の)などと区別されていました。そうした流れの中で改良固定されたのがフラットコーテッドレトリバーだと考えられます。しかしその血統を正確にたどることは容易ではなく、容姿や能力などから類推してラブラドールレトリバー、セッター、ニューファンドランドコリー、などの影響が強いと思われます。
 この犬種は1900年代の初頭まで、イギリス国内において非常に高い人気を誇っていましたが、同じ用途で作出されたラブラドールレトリバーゴールデンレトリバーなどの人気に押され、第二次大戦後は絶滅の危機に瀕します。戦後は、わずかに残った個体から復興計画が進められ、徐々に数と人気を回復していきました。現在は「フラッティ」(Flattie)の愛称で親しまれ、優れた嗅覚を生かして捜索犬や麻薬探知犬としても活躍しています。

フラットコーテッドレトリバーの性格・特徴

ブラックとレバーのフラットコーテッドレトリバー  フラットコーテッドレトリバーの性格は忠実で従順、賢明、知的、陽気です。外交的で人なつこいため、家庭犬として向いていますが、やや飽きっぽいところもあるようです。口をなめることが好きなことから「flat-coat kiss」などとも言われます。
 身体は、単一色の被毛が特徴で、ブラックとレバー(写真右)がいます。また他のレトリバー種と比べてやや鼻稜(鼻筋)が長いことも特徴です。

フラットコーテッドレトリバーのお手入れ・注意点

 フラットコーテッドレトリバーは活動的な犬なので、毎日、運動をさせると同時に楽しんでできる遊びをさせてあげましょう。被毛の手入れとしては、1週間に1回くらいの頻度でブラッシングをしてあげます。

フラットコーテッドレトリバーの動画

 以下でご紹介するのはフラットコーテッドレトリバーの動画です。
 1915年、AKCに公認されました。
元動画は⇒こちら
フラットコーテッドレトリバートップへ