トップ犬の種類な行に属する犬の種類ニューファンドランド

ニューファンドランド

 ニューファンドランドの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

ニューファンドランドの基本情報

ニューファンドランド
  • 体高
    オス⇒ 71cm
    メス⇒ 66cm
  • 体重
    オス⇒ 59~68kg
    メス⇒ 45~54kg
  • 分類
    ワーキンググループ
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

ニューファンドランドの歴史・ルーツ

カナダ東岸に位置するニューファンドランド島  ニューファンドランドの起源は定かではありません。カナダ東岸に位置するニューファンドランド島(右地図)において、17世紀頃から漁師の手伝いや水難救助をしていた大型犬が祖先だと考えられています。この基礎犬に水中作業を得意としたポーチュギースウォータードッグや超大型犬のグレートピレニーズなどがヨーロッパから持ち込まれて影響を及ぼしたようです。
 1800年代に入ると、ニューファンドランド島からの犬の輸出が禁止され、また犬の飼育頭数に制限が付けられたため、地元においては個体数が激減してしまいました。しかしそれ以前の段階で、イギリス人たちが自国にたくさんのニューファンドランドを連れ帰っていたため、血統が途切れることはありませんでした。第二次世界大戦後は再び絶滅の危機に陥りますが、アメリカに渡っていた血統を元に復活が図られ、個体数の回復に成功しています。

ニューファンドランドの性格・特徴

 ニューファンドランドの性格はきわめて温厚で忠実、子供や他の動物にも友好的で、優れた家庭犬です。
動物画家エドウィン・ランドシーアの絵画  身体は、大型犬でありながら非常に泳ぎが達者で、溺れた人間を岸まで運ぶ事のできる体力、長距離を泳ぐ事のできる心肺機能、水中での体温低下を防ぐ厚い被毛など、海難救助犬としての資質を全て備えています。また指趾が大きく、指間に水かき状の膜があり、泳ぐ事に適した構造になっています。現在でもニューファンドランドを航行する大型タンカーの甲板上で見かける事があります。
 被毛色は黒がスタンダードと定められていますが、被毛が黒と白の「ランドシーア」という個体もいます。名前は動物画家エドウィン・ランドシーアの絵画(右絵)にちなんでいます。

ニューファンドランドのお手入れ・注意点

 ニューファンドランドには毎日散歩や運動をさせる必要があります。ゆっくりとしたペースの散歩を取り入れてあげましょう。泳いだり、何かを引っ張ったりすることも大好きです。暑さには弱いので、夏場は熱中症や脱水症状に注意します。被毛には週2回程度のコーミングが必要です。換毛期には大量の抜け毛が出ますので注意してください。また個体差はありますが、一般的によだれが多い犬種です

ニューファンドランドの動画

 愛称は「ニューフィー」です。1815年、エルバ島から脱出する際、誤って船から転落してしまったナポレオン・ボナパルトを救ったという伝説も残っています。子供との相性がよいことで知られ、ピーターパンに登場するナナという名の犬もニューファンドランドがモデルです。
 作出にはグレートピレニーズマスティフ、フレンチハウンドなどとかかわりがあったと考えられており、AKCではブラック、ブラウン、グレイ、ホワイトアンドブラックの4種の被毛が認められています。水中で泳ぐときは、まるで人間が平泳ぎを摺るかのように、足をやや外にかくことができるため、他の犬にはない推進力を生み出します。
元動画は⇒こちら
ニューファンドランドトップへ