トップ犬の種類な行に属する犬の種類ナポリタンマスティフ

ナポリタンマスティフ

 ナポリタンマスティフの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

ナポリタンマスティフの基本情報

ナポリタンマスティフ
  • 体高
    オス⇒ 66~79cm
    メス⇒ 61~74cm
  • 体重
    オス⇒ 60~70kg
    メス⇒ 50~60kg
  • 分類
    ワーキンググループ
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

ナポリタンマスティフの歴史・ルーツ

 ナポリタンマスティフはイタリアンマスティフとも呼ばれ、古代ローマ時代に戦争や見世物に使われた大型犬を祖とし、イタリア南部で発展を遂げた犬種です。
 祖先となった大型犬の作出にはアレクサンダー大王が関与しているとも言われています。紀元前4世紀頃、彼は従来の大型犬にインド産の短毛種を掛け合わせ「Molossus」と呼ばれる犬種を作り出し、戦争やコロッセウムにおける闘犬などに用いました。紀元前54年にローマがイギリスを統治すると、この「Molossus」はその土地にいた大型犬とも交雑し、現在のナポリタンマスティフの原型が出来上がったと考えられます。その後数世紀に渡り、イタリア南部に暮らす農夫たちがこの大型犬の選択繁殖を繰り返し、巨大な体やたるんだ皮膚などの特徴を保守してきましたが、この背景には番犬としての活躍を期待してわざと醜くて警戒心の強い犬を作り出したという事情があるようです。
 第二次世界大戦後は一時絶滅の危機に陥りましたが、1948年、イタリア人画家であり、ナポリタンマスティフの父とも称されるピエロ・スカンジアーニが犬舎を設立して血統の維持に尽力し、同時にスタンダードの作成を行いました。結果、翌1949年には「Italian Kennel Club」(イタリア犬種協会)とFCIで公認され、1970年代になるとスタンダードが改定されてヨーロッパやアメリカにまで広まりました。2004年にはAKCでワーキンググループとして公認されています。

ナポリタンマスティフの性格・特徴

 ナポリタンマスティフの性格は勇猛果敢で非常に防衛心が強いことで知られています。家族と一緒に家の中にいることを好み、挑発さえしなければめったに吠えません。とても賢く独立してものを考えることができますが、適切な社会化教育を怠ると、見知らぬものに対する過剰な警戒心を抱くようになるため、初心者にはお勧めできない犬種です。
 被毛はグレイ、ブルー、ブラック、マホガニーなどがあり、たるんだ皮膚が特徴です。のっそりと動くさまはライオンやクマにも見立てられます。

ナポリタンマスティフのお手入れ・注意点

 ナポリタンマスティフのお手入れは、短毛のため週に1回軽くブラッシングする程度で十分です。その代わり痛みに強く、怪我をしていても態度に表さないため、定期的なボディチェックをしてあげましょう。興奮したり水を飲んだ直後は大量によだれをたらすため、常にタオルや消臭剤などを用意しておく必要があります。
 健康面ではチェリーアイと呼ばれる第三眼瞼の病気のほか、股関節形成不全症、鼓脹などを発症しやすいといわれます。暑さに弱いため熱中症にかかりやすいため、夏場の屋外放置は厳禁です。寿命は7~9年程度といわれます。

ナポリタンマスティフの動画

 以下でご紹介するのはナポリタンマスティフの動画です。
 2007年に開催された「The Westminster Kennel Club」における品評会の模様です。
元動画は⇒こちら
ナポリタンマスティフトップへ