イタリアングレーハウンド(Italian Greyhound)~犬種の歴史・特徴・性格から写真・動画まで
トップ犬の種類あ行に属する犬の種類イタリアングレーハウンド

イタリアングレーハウンド

 イタリアングレーハウンドの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などをまとめました。

イタリアングレーハウンドの基本情報

イタリアングレーハウンド
  • 体高
    オス⇒ 33~38cm
    メス⇒ 33~38cm
  • 体重
    オス⇒ 3~5kg
    メス⇒ 3~5kg
  • 分類
    トイグループ
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

イタリアングレーハウンドの歴史・ルーツ

 イタリアングレーハウンドの起源は定かではありませんが、グレーハウンドが小型化されて作られたのではないかと言われています。 ポンペイの犬 古代エジプトの墳墓からはイタリアングレーハウンドと思われるミイラが発見されており、また紀元前のローマやギリシャの遺物から、当時の貴婦人がペットとして飼育していたことが分かっています。さらにイタリア・ポンペイの遺跡(ヴェスヴィオ火山の噴火で灰に埋まった古代都市)からは鎖に繋がれたこの犬の化石(写真右)が発見されており、当時から一般に飼育されていた事がうかがえます。
 イタリアングレーハウンドは16世紀のルネッサンス期において、イタリアや南ヨーロッパ、トルコなどで絶大な人気を集めており、当時の王侯貴族の肖像画にも頻繁に登場します。
 第二次世界大戦後になると絶滅の危機に瀕しますが、これは小型化だけに重点を置いた無計画な繁殖のため、犬の健康に支障をきたすようになったという要因が大きいようです。しかし1800年代にアメリカに渡っていた同犬種が逆輸入され、再び頭数を増やすこととなります。

イタリアングレーハウンドの性格・特徴

 イタリアングレーハウンドの性格は感覚鋭敏、温和、従順ですが走るものを追跡する狩猟本能は残っています。身体は、サイトハウンド系の中では最小であり、頭蓋骨も非常に小さいため、首輪よりもハーネスを用いたほうが良いでしょう。また短毛で小型のため非常に寒さに弱く、寒い季節に外出する場合はファッションとは無関係にコートが必要です。

イタリアングレーハウンドのお手入れ・注意点

 イタリアン・グレーハウンドには毎日軽度の運動や散歩が必要です。室内や庭先で軽く運動させる程度で充分ですが、寒さに弱い犬種のため外気温には注意を払ってください。また屋外飼育はできませんので室内飼育してください。被毛の手入れとしては、時々ブラッシングをして抜け毛を取り除く程度で十分です。

イタリアングレーハウンドの動画

 以下でご紹介するのはイタリアングレーハウンドの動画です。
 寒さに弱いことから人間の膝の上など、暖かい場所を好みます。そうした特性から「ラップドッグ」(lap dog=ラップとは腿の上のこと)の異名をとります。
 イギリスのチャールズI世、ヴィクトリア女王、ロシアのエカチェリーナ2世などの王室でも寵愛され、プロイセンのフリードリヒII世は50頭ものイタリアングレーハウンドを飼育していたことで知られています。
 俊足で有名なグレーハウンドの血統を受け継いでいることから、本気で走れば時速40キロを出すこともでき、大きく弓なりに膨らんだ胸部によって優れた持久力を発揮します。
 活動的な性格ですので、特に子犬の頃は動き回ってベッドなどから落下し、骨折をしないよう特別な注意が必要です。また屋外においてはリードが外れないよう十分注意しましょう。
元動画は⇒こちら
イタリアングレーハウンドトップへ