トップ犬の種類あ行に属する犬の種類イングリッシュフォックスハウンド

イングリッシュフォックスハウンド

 イングリッシュフォックスハウンドの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

イングリッシュフォックスハウンドの基本情報

イングリッシュフォックスハウンド
  • 体高
    オス⇒ 58~69cm
    メス⇒ 58~69cm
  • 体重
    オス⇒ 25~34kg
    メス⇒ 25~34kg
  • 分類
    ハウンドグループ
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

イングリッシュフォックスハウンドの歴史・ルーツ

 イングリッシュ・フォックスハウンドの起源は定かではありません。18世紀のイギリスでは、上流階級の間でグレーハウンドを使った雄鹿狩りが娯楽として盛んでした。18世紀中頃になると、今度は馬や猟犬(ハウンド)を使ってのキツネ狩りが流行し始めます。 キツネ猟の様子 こうした娯楽に興じる人々は、かすかな獲物の匂いにも反応し、かつ何時間でも追跡できる持久力を持つような猟犬を求めるようになります。こうした時代背景の中でイングリッシュ・フォックスハウンドが登場します。
 しかし時がたつにつれて狩りの内容よりも狩りの外観が重要視されるようになり、猟犬にも同じことが求められるようになります。つまり一頭一頭だけでなく群れになった時にも美しく見える猟犬が求められるようになったのです。その結果多くの犬たちは背中の後部だけが黒く、体全体が黄褐色に白の斑点という色合いで統一されることになり、この被毛は現在のイングリッシュフォックスハウンドに受け継がれています。その後キツネ狩りはますます盛んになり、 群れを成すイングリッシュフォックスハウンド 1800年代後半になるとイギリスだけでも140群れ(ひとつの群れが約50頭の猟犬から成っていました)の猟犬が登録されていました。
 イングリッシュ・フォックスハウンドは1700年代にアメリカへ渡ったといわれ、様々な交配を経てアメリカン・フォックスハウンドが作り出されました。

イングリッシュフォックスハウンドの性格・特徴

 イングリッシュ・フォックスハウンドの性格は、群れで狩りを行うと言う性質上、他の動物と協調することが得意ですが、家庭犬とし飼育するよりも、やはり他の犬と一緒に生活させることを専門家は推奨しています。

イングリッシュフォックスハウンドのお手入れ・注意点

 イングリッシュ・フォックスハウンドはかなりの運動量を必要とします。長距離を走るために作出された犬種のため、ジョギングやハイキングを一緒にするには理想的なパートナーとなります。温暖な気候であれば屋外で飼育することもできます。社交性の強い犬ですので、できれば多頭飼いが理想です。被毛の手入れとしては時々ブラッシングをしてむだ毛を取り除いてやる程度で十分です。

イングリッシュフォックスハウンドの動画

 以下でご紹介するのはイングリッシュフォックスハウンドの動画です。ブリーディングの歴史はイギリス、およびアメリカ国内のスタッドブック(血統記録)に記録されており、AKCでは1909年に登録されています。他の犬と群れを成して生活するようブリーディングされてきた犬種であるため、専門家はペットとして飼うことを推奨していないようです。
元動画は⇒こちら
イングリッシュフォックスハウンドトップへ