トップ犬の種類あ行に属する犬の種類アメリカンフォックスハウンド

アメリカンフォックスハウンド

 アメリカンフォックスハウンドの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

アメリカンフォックスハウンドの基本情報

アメリカンフォックスハウンド
  • 体高
    オス⇒ 58~69cm
    メス⇒ 58~69cm
  • 体重
    オス⇒ 25~34kg
    メス⇒ 25~34kg
  • 分類
    ハウンドグループ
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

アメリカンフォックスハウンドの歴史・ルーツ

 アメリカンフォックスハウンドの起源は、1650年、ロバート・ブルックという人物が、自国イギリスからアメリカに持ち込んだキツネ狩り用のフォックスハウンドだと考えられてます。
 それからおよそ100年後の1700年代中頃、アメリカ合衆国初代大統領ジョージ・ワシントンが、ブルック氏のフォックスハウンドとイギリスから輸入された猟犬を用い、血統の維持管理を行いました。1785年、ワシントンが管理していたフォックスハウンドのサイズを大きくするため、フランスから輸入された数匹の猟犬が掛け合わされます。さらに1830年代、スピードを増すために、アイルランドから輸入された猟犬の血統が混ぜられました。
 このように、イギリス、フランス、アイルランドの猟犬が、200年近い時間をかけてブレンドされた血統が、今日のアメリカンフォックスハウンドの基礎となっています。AKCに公認されたのは1886年で、現在は「ウォーカー」(Walker)、「グッドマン」(Goodman)、「トリッグ」(Trigg)など幾つかの系統があります。

アメリカンフォックスハウンドの性格・特徴

 アメリカン・フォックスハウンドの性格は忍耐強く寛大です。飼い主には愛想が良いですが、見知らぬものには警戒心を示すことがあります。身体はイングリッシュ・フォックスハウンドよりもやや骨格が細くて足が長いのが特徴です。

アメリカンフォックスハウンドのお手入れ・注意点

 アメリカン・フォックスハウンドには毎日、長時間の散歩やジョギングなどの運動をさせる必要があります。夜になると遠吠えをするものがいるため、都会よりも田舎の方が暮らしやすいでしょう。また独りぼっちが嫌いなので、留守番は苦手です。被毛は時々ブラッシングをして、むだ毛を取り除いてあげるだけで大丈夫です

アメリカンフォックスハウンドの動画

 以下でご紹介するのはアメリカンフォックスハウンドの動画です。簡単な歴史と体の特徴が説明されています。英語解説ですが、おおむね上記した内容ですので、音声を聞き流して映像だけご覧ください
元動画は⇒こちら
アメリカンフォックスハウンドトップへ