トップ犬の種類あ行に属する犬の種類イビザンハウンド

イビザンハウンド

 イビザンハウンドの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

イビザンハウンドの基本情報

イビザンハウンド
  • 体高
    オス⇒ 59~74cm
    メス⇒ 56~66cm
  • 体重
    オス⇒ 20.5kg
    メス⇒ 18kg
  • 分類
    ハウンドグループ
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

イビザンハウンドの歴史・ルーツ

 イビザンハウンドは地中海のバレアレス諸島に属するスペイン領・イビサ島を原産とする犬種です(英語圏ではイビサンハウンドと発音されます)。 ツタンカーメン王の墓の中から見つかった、イビザンハウンドそっくりの彫像 1922年、ツタンカーメン王の墓の中から、イビザンハウンドそっくりの彫像が見つかったことなどから、古代エジプト時代の猟犬を祖としていると考えられてきました。近年のDNA解析の結果、どうやらこの説は間違いであることが示唆されているものの、紀元前8世紀ごろ、エジプトと地中海とを往復していたフェニキア人商人が、この犬をイビサ島に持ち込んだとする説が、依然として有力です。この島は過酷な環境で食料も少なかったため、犬たちは生き残るために優れた嗅覚、視覚、聴覚、および類まれな狩猟能力を獲得していったと考えられています。
 近年における歴史は、1950年代、イビサ島近くのマジョルカ島に住んでいたスペイン人のドッグショー審査員がこの犬に興味を抱いたことに始まります。彼女が熱心に繁殖計画を進めたおかげで、イビザンハウンドはヨーロッパ、北アメリカなどに徐々に広まっていきました。なお、アメリカにおけるイビザンハウンドは、1956年に渡った1対のペアが生んだ4匹の子犬を基礎としています。1979年にAKCの公認を受けてからは猟犬としてのみならず、ルアーコーシング(疑似餌を追いかけるショー)や家庭犬としても活躍しています。

イビザンハウンドの性格・特徴

 イビザンハウンドの性格は聡明で活発、いたずら好きで人を楽しませることが好きなことから「ピエロ」とも評されます。
 被毛はスムースとワイアがあり、色はレッド、ホワイト、およびレッドとホワイトのコンビネーションカラーが認められています。ボディは細身で敏捷、長い首と大きく直立した耳などが特徴で、「鹿のよう」と形容されます。鼻は肉色で眼はキャラメル色やコハク色です。群れでウサギ狩りをしてきたためあらゆる地形で猟ができる身体能力を持っており、特に垂直跳びではかなり高く飛べることが知られています。

イビザンハウンドのお手入れ・注意点

 週に1回程度のブラッシングで十分です。エネルギーあふれる犬種であるため、毎日の運動は欠かせません。遺伝病は少ない犬種ですが、アレルギー、白内障、先天性聴力障害がわずかながら報告されています。

イビザンハウンドの動画

 以下でご紹介するのはイビザンハウンドの動画です。
元動画は⇒こちら
イビザンハウンドトップへ