トップ犬の種類さ行に属する犬の種類スタッフォードシャーブルテリア

スタッフォードシャーブルテリア

 スタッフォードシャーブルテリアの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

スタッフォードシャーブルテリアの基本情報

スタッフォードシャーブルテリア
  • 体高
    オス⇒ 35~40cm
    メス⇒ 35~40cm
  • 体重
    オス⇒ 11~17kg
    メス⇒ 11~17kg
  • 分類
    テリアグループ
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

スタッフォードシャーブルテリアの歴史・ルーツ

 スタッフォードシャーブルテリアの起源は、在来のブルドッグ(現在のブルドッグより大型)にブラック・タン・テリアを掛け合わせた「ブル・アンド・テリア」(Bull and Terrier)だと考えられています。
 1800年代のイギリスでは、犬と牛とを闘わせる「ブル・ベイティング」(Bull Baiting)や犬と熊とを闘わせる「ベア・ベイティング」(Bear Baiting)が盛んでした。こうした見世物では、小型でありながら機敏な動きをする闘犬が好まれたため、観客の要望に合わせる形で「ブル・アンド・テリア」も徐々に小型化していったものと考えられます。
ホワイトのブル・テリア  1835年、イギリスで闘犬が禁止された事により闘犬種は一時的に繁殖数が激減し、上記「ブル・アンド・テリア」は2方向に分かれることになります。一方は当時の姿のまま「スタッフォードシャーブルテリア」として保存され、他方は改良されてホワイトの「ブルテリア」(写真右)に進化していきました。こうして誕生したのが、現在のスタッフォードシャーブルテリアです。
 1800年代中頃にはアメリカに渡り、アメリカンスタッフォードシャーテリアの基礎犬になっています。その後1935年、イギリスのケネルクラブによって公認されてからはドッグショーにも出陳されるようになり、家庭では主として番犬として飼育されるようになっていきました。
 スタッフォードシャーブルテリアの犬名は、この犬種の保存に努めたスタッフォードシャー州の愛好家に敬意を払って名づけられました。愛称は「スタッフィ」(Staffy)です。

スタッフォードシャーブルテリアの性格・特徴

 スタッフォードシャーブルテリアの性格は陽気で遊び好き、勇敢で大胆です。飼い主に対しては忠実ですが、見知らぬものに対してはやや警戒心を示す傾向にあります。攻撃性はだいぶ緩和されたため、現在は番犬よりも家庭犬として多く飼育されています
 身体は、横幅が広く筋肉質で、重心が低くどっしりしています。闘犬の名残ですばやく機敏に動くことができます。兄弟犬であるアメリカンスタッフォードシャーテリアよりもやや小柄なのが特徴です。被毛色にはブラック、ブリンドル、レッド、フォーン、ブルー、ホワイトなどがあります。

スタッフォードシャーブルテリアのお手入れ・注意点

 スタッフォードシャーブルテリアは、毎日長めの散歩や運動が必要です。寒さに弱く、何より人との交流が不可欠な犬種なので、室内犬として飼うことをおすすめします。 被毛の手入れはほとんど必要ありません。

スタッフォードシャーブルテリアの動画

 以下でご紹介するのはスタッフォードシャーブルテリアの動画です。
 ブルドッグに近いもの、テリア種に近いものなど、同一犬種でも若干の開きがあります。
元動画は⇒こちら
スタッフォードシャーブルテリアトップへ