トップ犬の種類さ行に属する犬の種類スムースフォックステリア

スムースフォックステリア

 スムースフォックステリアの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

スムースフォックステリアの基本情報

スムースフォックステリア
  • 体高
    オス⇒ 39cm
    メス⇒ 39cm
  • 体重
    オス⇒ 7~8kg
    メス⇒ 7~8kg
  • 分類
    テリアグループ
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

スムースフォックステリアの歴史・ルーツ

トーマス・ソーントン大佐が描いた「Pitch」の中では、現代のスムースフォックステリアに通ずると思われる犬が登場する  スムースフォックステリアの起源は定かではありません。1790年にトーマス・ソーントン大佐が描いた「Pitch」という絵画(右絵)の中ではすでに、この犬種を思わせる一匹の犬が描かれています。1800年代初頭になると、ハウンドたちと一緒にキツネ狩りなどに使われ、穴の中に隠れている小動物を外に追い出す役割を果たしていたようです。血縁的にはスムース・コーテッド・ブラック・アンド・タン、ブルテリアグレーハウンドビーグルなど、スムース系の犬が掛け合わされたと考えられています。
ワイヤーフォックステリア  同じフォックステリアとしてはワイヤーフォックステリア(写真右)がいますが、両者の血縁関係は不明です。フォックステリアがAKCに公認されたの1885年と早かったものの、スムースとワイヤーが別犬種として扱われるようになったのは、それから約100年後の1984年からです。
 スムースフォックステリアは特に白い毛色が好まれましたが、これは闇夜の中でも獲物と犬とを区別しやすいという実利的な理由がありました。

スムースフォックステリアの性格・特徴

 スムースフォックステリアの性格は社交的で明るく、活動的です。狩猟本能も強く、思いきり走ったり何かを追いかけたりすることが大好きなようです。穴掘りが好きな個体もいます。一度興奮するとなかなか醒めない傾向がありますので、他の犬とケンカにならないよう、常にリードで制御するなどの配慮が必要です。
 身体は骨格ががっしりしていて筋肉質です。また横から見ると胴体はほぼ正方形に近く、背が短く、頭部はV字形で、前脚はまっすぐ伸びています。

スムースフォックステリアのお手入れ・注意点

 スムースフォックステリアは活動的な犬種なので、長めの散歩や少し激しいくらいの運動を取り入れてあげると喜ぶでしょう。室内飼育をお勧めします。滑らかな被毛には、週1回以上のブラッシングをして下さい。スムースタイプはワイヤータイプよりも抜け毛が多いので、定期的なむだ毛取りが必要です。

スムースフォックステリアの動画

 以下でご紹介するのはスムースフォックステリアの動画です。
 1984年、スムースフォックステリアとワイヤーフォックステリアが別犬種と認定されましたが、両者の姿かたちは非常に似ています。
元動画は⇒こちら
スムースフォックステリアトップへ