トップ犬の種類さ行に属する犬の種類サセックススパニエル

サセックススパニエル

 サセックススパニエルの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

サセックススパニエルの基本情報

サセックススパニエル
  • 体高
    オス⇒ 33~38cm
    メス⇒ 33~38cm
  • 体重
    オス⇒ 16~20kg
    メス⇒ 16~20kg
  • 分類
    スポーティンググループ
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

サセックススパニエルの歴史・ルーツ

 サセックススパニエルはイギリス南部、サセックス州を原産とする犬種です。1850年代、サセックス州にある広大なローズヒルパークの所有者、A・エリオット・フラー氏が作出したといわれています。下生えが厚く生い茂っている土地において、吠えることで獲物の位置を知らせる特殊な猟犬を作ろうと、ノーフォークスパニエル、フィールドスパニエル、そしておそらく初期のスプリンガースパニエルなどを用いてサセックススパニエルの原型を作出したと考えられています。その後1880年代に入ると、モーゼス・ウッドランドやキャンベル・ニューイントンといったブリーダーが犬種の洗練に一役買い、1884年にはAKCで公認された最初の10犬種に名を連ねました。
 第二次世界大戦後は一時個体数が激減しましたが、イギリス人ブリーダー、ジョイ・フリーア女史の尽力によって絶滅の危機を免れました。今日存在しているサセックススパニエルは全て、彼女が残した血統を祖としています。
 2009年、「Stump」という名のサセックススパニエルが、10歳という最高齢で第133回「Westminster Kennel Club Dog Show」におけるチャンピオンに輝き、一躍有名になりました。

サセックススパニエルの性格・特徴

 サセックススパニエルの性格は、スローペースで穏やか、お茶目で人を笑わせる愛嬌者です。生来、人の近くにいることが好きなことから、セラピードッグとしても活躍しています。やや頑固でしつけには時間がかかりますが、的確なトレーニングを積めば、愛玩犬のほか猟犬としても本領を発揮します。
 ボディは体高が低く、ちょうどクランバースパニエルを小さく茶色にした感じといわれます。被毛色は特徴的なゴールデンレバーで、まれにブラックとサンディ(砂色)の個体が生まれます。険しい草木を掻き分けて進むダブルコートの毛質は直毛かややウェイビーで、足、胸元、耳には羽根毛があります。眼の色はヘーゼルです。

サセックススパニエルのお手入れ・注意点

 サセックススパニエルのお手入れは、被毛を美しく保つため毎日ブラッシングしたほうがよいでしょう。健康面では、「Orthopedic Foundation For Animals」(動物のための整形外科財団)が2010年に行った調査によると、41%の確率で股関節形成不全症を発症すると言われています。その他外耳炎肺動脈狭窄症動脈管開存症椎間板ヘルニアなどもやや発症しやすいそうです。

サセックススパニエルの動画

 以下でご紹介するのはサセックススパニエルの動画です。
 獲物を見つけると遠吠えをする唯一のスパニエル種です。しかしサセックス州の特殊な地形に特化した犬種であるため、アメリカ国内ではさほど人気は出ず、どちらかといえば希少種扱いです。
元動画は⇒こちら
サセックススパニエルトップへ