トップ犬の種類は行に属する犬の種類フィールドスパニエル

フィールドスパニエル

 フィールドスパニエルの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

フィールドスパニエルの基本情報

フィールドスパニエル
  • 体高
    オス⇒ 44~48cm
    メス⇒ 44~48cm
  • 体重
    オス⇒ 16~23kg
    メス⇒ 16~23kg
  • 分類
    スポーティンググループ
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

フィールドスパニエルの歴史・ルーツ

 フィールドスパニエルは1800年代末のイギリスにおいて、サセックススパニエルイングリッシュコッカースパニエルを交配させて作出された犬種だと言われています。しかし作出当初は、「真っ黒で胴長短足で太った犬」というイメージが先行してしまい、ハンターたちから見向きもされず不遇の時代を経験します。
 1900年代初頭には、絶滅の危機に陥ったため、急遽イングリッシュ・スプリンガースパニエルの血統を用いて救済されたという歴史があります。その後1950年代になると、フィールドスパニエルを外見的にも機能的にも洗練しようとする動きが高まり、「ロネイン・リーガル」、「ゴーマック・ティール」、「コロンビーナ・オブ・ティフォント」、「エルムベリー・モルウィーナ・オブ・リューラス」という名の4頭の犬を基礎として、現在のフィールドスパニエルの原型が出来上がりました。現在存在しているフィールドスパニエルは上記した4頭の子孫ということになります。

フィールドスパニエルの性格・特徴

 フィールドスパニエルの性格は従順で繊細、誇り高く、自主性があり、活発です。
 被毛は光沢のあるシングルロングヘアーで、色はブラック、レバー、ローンなどです。胸元、おなか、耳、腿の裏には飾り毛も見られます。

フィールドスパニエルのお手入れ・注意点

 フィールドスパニエルは非常にスタミナのある犬種ですので、1日最低1時間程度の散歩が必要です。被毛の手入れとしては、1週間に1~2回程度、ブラッシングとコーミングをしてあげてください。また、伸びすぎないように、2~3ヶ月に1回程度トリミングをします。

フィールドスパニエルの動画

 以下でご紹介するのはフィールドスパニエルの動画です。
 持久力に優れ、一日中動き回ってもバテないといわれています。AKCでは早くも1894年に公認されました。
元動画は⇒こちら
フィールドスパニエルトップへ