トップ犬の種類は行に属する犬の種類プチバセグリフォンバンデアン

プチバセグリフォンバンデアン

 プチバセグリフォンバンデアンの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

プチバセグリフォンバンデアンの基本情報

プチバセグリフォンバンデアン
  • 体高
    オス⇒ 32~40cm
    メス⇒ 32~40cm
  • 体重
    オス⇒ 15~20kg
    メス⇒ 15~20kg
  • 分類
    ハウンドグループ
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

プチバセグリフォンバンデアンの歴史・ルーツ

 プチバセグリフォンバンデアンは、フランスのヴァンデ県で生み出された犬です。この地は岩場が多く、林が生い茂ってイバラやトゲが繁茂しているような土地だったため、犬に対しては粗めの被毛、地面をはいずるような短い足、鋭い嗅覚などが要求されました。こうした背景の中で生まれたのがこの犬種です。
 1898年に最初のスタンダードが作成され、1907年にはPaul Dezamyが会長となって「Club du Griffon Vendeen」という犬種協会が設立されました。1909年には早くもスタンダードが改定されて「プチバセ」(小型)と「グランバセ」(大型)という亜種をもつ「バセグリフォンバンデアン」が登録されています。1950年代に入ると「Societe de Venerie」という別の犬種協会が新たなスタンダードを作成し、プチバセグリフォンバンデアンとグランバセグリフォンバンデアンを亜種ではなく独立した一つの犬種として再登録しました。1983年にはエリザベス・ストリーター女史主導の下、アメリカ・ペンシルヴェニア州へと渡り、翌年には早速犬種協会が設立されています。1991年、AKCにてハウンドグループとして公認されました。
 犬名の「petit」は「小さい」、「basset」は「体高が低い」、「griffon」は「粗く波打った毛」、「Vendeen」は「ヴァンデ県の」、という意味を持ちます。

プチバセグリフォンバンデアンの性格・特徴

 プチバセグリフォンバンデアンの性格は外交的かつ友好的で、独立心が強いことで知られています。持ち前の快活さを生かし、時にセラピードッグとしても活躍しています。元は群れで行動する猟犬であるため、音楽やサイレンに合わせて独特の遠吠えが出ることもあり、また、頑固でしつけには時間を要する方です。
 グリフォンバンデアンには大きさによって幾つかの種類があり、「プチバセ」以外には「グラン」(Grand, 体高64センチ以上)、「ブリケ」(Briquet, 51センチ)、「グランバセ」(Grand Basset, プチバセとブリケの中間)などがいます。被毛は長くて粗めのダブルコートで、顔の毛はやや柔らかめで、ひげに見えます。毛色は白地にオレンジやレモン、ブラックなどのスポット模様が通常です。しっぽはサーベルのようにピンと垂直に立ち、がっしりとした骨格と短い足を特徴としています。

プチバセグリフォンバンデアンのお手入れ・注意点

 プチバセグリフォンバンデアンのお手入れは、週に1回程度のブラッシングと、ストリッピングによる無駄毛の手入れで十分でしょう。

プチバセグリフォンバンデアンの動画

 以下でご紹介するのはプチバセグリフォンバンデアンの動画です。
 フランスのルイ7世が飼っていたようですが、当時フランス国内では「Chien blanc de Roi」、すなわち「王家の白い犬」と呼ばれていたようです。現在の犬名が余りにも長いのでアメリカでは「PBGV」、もしくは単に「プチ」と呼ばれます。やや胴長ではあるもののバセットハウンドダックスフントほどではありません。垂れ耳はうちわのようににおいを鼻の奥に送る機能があるとか。
元動画は⇒こちら
プチバセグリフォンバンデアントップへ