トップ犬の種類は行に属する犬の種類ブラックロシアンテリア

ブラックロシアンテリア

 ブラックロシアンテリアの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

ブラックロシアンテリアの基本情報

ブラックロシアンテリア
  • 体高
    オス⇒ 72~76cm
    メス⇒ 68~72cm
  • 体重
    オス⇒ 50~60kg
    メス⇒ 45~50kg
  • 分類
    ワーキンググループ
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

ブラックロシアンテリアの歴史・ルーツ

 ブラックロシアンテリアは、ロシアがソビエト連邦と呼ばれていた頃、国有地や刑務所などにおける使役犬として開発された犬です。ロシアの支配下にあった東ドイツから輸入された犬が祖先犬として多く用いられており、その中にはエアデールテリアニューファンドランドシュナウザー、コーカシアンシェパード、モスクワウォータードッグなどが含まれます。
 1957年まではモスクワ郊外にある国有犬舎「Red Star Kennel」(ロシア語:Krasnaya Zvezda)でのみ飼育されていましたが、以降は民間に数匹の子犬が引き渡され、バルカン半島、ウクライナ、シベリア、後にフィンランドやハンガリー、チャコスロバキア、アメリカなどへ広がっていきました。
 1984年、FCIの公認を受け、2004年7月にAKCの公認を受けています。ちなみに犬名に「テリア」が入っていますが、分類上はテリアではなくワーキンググループです。

ブラックロシアンテリアの性格・特徴

 ブラックロシアンテリアの性格は、自信に満ち溢れ、穏やかです。また頭がよく勇敢で飼い主に忠実です。時に自由奔放とも評されますが、人間との深い結びつきも必要な犬種と言えます。
 身体はオスはメスよりもはるかに筋肉質で、やわらかいアンダーコートの上に粗いオーバーコートが覆いかぶさり、全体として密で硬い被毛を形成します。多種多様な祖先犬の影響でシルバー、ホワイトスポット、ブリンドルなどのパターンを示すこともあり、あごひげと眉毛があることが望ましいとされます。

ブラックロシアンテリアのお手入れ・注意点

 人間のために働くことの喜びを感じる犬種です。とってこいなどで思い切り走らせると喜ぶでしょう。逆に運動が少ないと家の中でわがままになったり破壊行動に走ったりしますので要注意です。抜け毛は少なく週に2~3回のブラッシングで十分でしょう。

ブラックロシアンテリアの動画

 以下でご紹介するのはブラックロシアンテリアの動画です。
 非常に多くの異名を持ち、一例を挙げると「ブラックテリア」、「ロシアンベアシュナウザー」、「BRT」などがあります。作出過程では17もの犬が用いられたとか。健康面では股関節やひじ関節の形成不全、進行性の網膜萎縮症、高尿酸症などへの注意が必要です。暑さが苦手なので夏季は室内に入れてあげましょう。
元動画は⇒こちら
ブラックロシアンテリアトップへ