トップ犬の芸・トリック犬に取って来いを教える

犬に取って来いを教える

 犬の芸・トリックのうち「取って来い」を教える方法を、写真や動画付きでまとめました。

目標とする動作

 以下でご紹介するのは、「取って来い」の完成形です。「飼い主が指示したものを口にくわえて持って来る」というこの動作を最終目標として、犬をしつけていきます。動画内では「リード」(leash)を取って来る対象としていますが、「ボール」でも「新聞」でも、しつける際の手順は同じです。
犬の取って来い
元動画は⇒こちら
犬の取って来いトップへ

芸・トリックに必要なもの

 以下でご紹介するのは、犬に芸やトリックを教える際に必要なものです。

条件付けの基本理論

 犬に芸やトリックを教える際は、「犬のしつけの基本理論」で解説した「古典的条件付け」と「オペラント条件付け」の知識が絶対に必要です。まだあやふやな方は、犬のしつけの基本理論を熟読してマスターしましょう。
 簡単に復習すると以下です。
犬の条件付け
  • 古典的条件付け 無関係な二つの刺激を関連付けて覚えること。ごほうびや罰は必須ではない。新たに記憶させたい刺激は、生理的反応の直前に提示する。→より詳しく
  • オペラント条件付け  ある特定の行動と快や不快を関連付けて覚えること。ごほうびや罰が必要。ごほうびや罰は、新たに記憶させたい行動の直後に提示する。→より詳しく

ごほうび

 犬が快感を感じるごほうびを用意します。罰は必要ありません。
 犬に直接快を与える「一次強化子」としては、犬が大好きで、かつ低カロリーのトリーツを用います。犬に間接的に快を与える「二次強化子」としては、ほめ言葉やクリッカーを用います。
 またごほうびの効果を高めるため、犬をやや空腹状態にしたほうがベターです。

気の散らない環境

 犬の集中力を高めるため、テレビなど余計な音を消し、おもちゃも片付けるようにします。
 また犬の集中力は10~15分程度が限度です。犬が注意散漫になってきたら、ストレスになってしまう前に、いさぎよくその日のトレーニングは中断します。
犬の取って来いトップへ

犬に取って来いを教える手順

 以下でご紹介するのは、犬に「取って来い」を教える際の具体的な手順です。

対象物に慣れさせる

 犬に取って来いを教える際は、まず取ってこさせる対象物に慣れさせることが先決です。ここでは「ボール」を選んでみます。犬の口元にボールを触れさせ、そのたびごとにごほうびを与えます。 まず、対象物に触れることとごほうびとを結びつけて覚えこませる
しつけポイント  このステップは「ボールに触れる」という行動と「ごほうび」という快感を結び付ける「オペラント条件付け」です。ごほうびは、犬がボールに触った瞬間に与えるようにします。

対象物をくわえさせる

 犬がボールに慣れてきたら、今度は自発的に触ってくるまで待ちましょう。犬がボールに近づき、口にくわえたらごほうびを与えます。 対象物を口にくわえるという行為に対して報酬を与え、行動を強化する
しつけポイント  このステップは「ボールをくわえる」という行動と「ごほうび」という快感を結び付ける「オペラント条件付け」です。ごほうびは、犬がボールをくわえた瞬間に与えるようにします。

対象物を遠ざける

 犬がボールをくわえることに慣れてきたら、今度はボールを犬から少し離れた場所に置いてみましょう。犬が自発的にボールの元へ近づき、口にくわえたらごほうびを与えます。 離れた場所にある対象物の元へ、自発的に近づくという行動を強化する
しつけポイント  このステップは「ボールに近づいて口にくわえる」という行動と「ごほうび」という快感を結び付ける「オペラント条件付け」です。ごほうびは、犬がボールに近づいて口にくわえた瞬間に与えるようにします。

対象物を取って来させる

 犬がボールに近づくようになったら、今度は飼い主の元へ取って来るまで待ちましょう。自発的に戻ってきたら、そのタイミングでごほうびを与えます。もし戸惑っているようでしたら、手や床を叩いてこちらに来るよう促してみす。 対象物を飼い主の元へくわえて持ってくるという行動を強化する
しつけポイント  このステップは「ボールを取って来る」という行動と「ごほうび」という快感を結び付ける「オペラント条件付け」です。ごほうびは、ボールを取って来た瞬間に与えるようにします。

移動距離を伸ばす

 犬がボールを取ってくることに慣れてきたら、今度はその移動距離を徐々に伸ばしましょう。最初は50センチだったものを、1メートル→2メートル→3メートル・・・という具合に少しずつ遠くし、犬に取って来させます。
しつけポイント  このステップは「長い距離を動いてボールを取って来る」という行動と「ごほうび」という快感を結び付ける「オペラント条件付け」です。ごほうびは、長い距離を動いてボールを取って来た瞬間に与えるようにします。

指示語と行動を関連付ける

 犬が「取って来る」という動作と「ごほうび」とを関連付け、スムーズに行動に移れるようになったら、今度は犬がボールを口にくわえる直前に、「ボール」など、任意の指示語を発します。犬が事前の訓練通りボールを取ってきたらごほうびを与えます。
しつけポイント  このステップは「ボール」という指示語と「ボールを取って来る」という行動を結び付ける「古典的条件付け」です。指示語は、ボールを口にくわえる直前に発するようにします。

指示語だけを出してみる

 上記しつけを一通り終えたら、最後の仕上げとして指示語だけを出してみます。「ボール」と言ったとき、犬が自発的にボールを取って来たら成功です。場所を変えてるなどして、徐々にハードルを上げて試してみましょう。
 もしキョトンとして何もしてくれないようでしたら、まだ行動と指示語のリンクが足りません。指示語と行動を関連付けるに戻り、もう一度古典的条件付けをやり直します。
 ここでは「ボール」を例に解説しましたが、取って来る対象物は何でも構いません。「新聞」、「リード」、「フリスビー」、「リモコン」など、指示語を変えて根気よく反復練習すれば、犬は飼い主の言葉を聞き分け、いろいろなものを持ってきてくれるはずです。
「取って来い」の教え方
 以下でご紹介するのは、犬に「取って来い」(fetch)を教えるやり方をまとめた動画です。英語ですが、内容は上で解説したとおりに進行します。 元動画は⇒こちら
犬の取って来いトップへ