トップ犬の種類は行に属する犬の種類ブービエデフランダース

ブービエデフランダース

 ブービエデフランダースの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

ブービエデフランダースの基本情報

ブービエデフランダース
  • 体高
    オス⇒ 62~70cm
    メス⇒ 60~67cm
  • 体重
    オス⇒ 35~40kg
    メス⇒ 27~35kg
  • 分類
    ハーディンググループ
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

ブービエデフランダースの歴史・ルーツ

フランドル地方の位置  ブービエデフランダースの起源は、ベルギーとフランスの国境地帯にあるフランドル地方(右地図)で、家畜追い、荷引き、番犬として活躍していた作業犬だと言われています。元になった犬種は定かではありませんが、アイリッシュウルフハウンドチベタンマスティフシュナウザーボースロンなどとの血縁関係が考えられています。
 初期のスタンダードが規定され、個体数の増加が計画されていた矢先の1914年、第一次世界大戦が勃発しました。戦争中この犬は、フランス軍の医療物資を運ぶ医療犬として戦場を走りましたが、戦後はフランドル地方が荒廃し、犬種自体も絶滅の危機に瀕してしまいます。戦後に生き残った数頭の犬(特にニックという名のチャンピオン犬)から再生されたのが現在のブービエデフランダースです。1922年には新たなスタンダードが規定され、1930年代にはアメリカのAKCでも公認されています。
1970年代に日本でアニメ化された「フランダースの犬」のパトラッシュ  犬名の「ブービエ」とは、フランス語で「牛飼い」を意味する「bouvier」にちなんでいます。また「フランダース」は、「フランドル地方」(Flandres)の英語読みです。以前はその外貌からオランダ語で「汚い顎ヒゲ」を意味する「フルバード」(vuilbaard)や、「牛飼い犬」を意味する「コーオント」(koe hond)などと呼ばれていたこともあります。なおこの犬種は、イギリスの作家ウィーダが書いた児童文学「フランダースの犬」に登場することで有名です。しかし、この作品が1970年代に日本でアニメ化された際、実物とは全く違う姿で描かれたため(右絵)、いまだに犬の名前と外見とのギャップに驚く人がたくさんいます。

ブービエデフランダースの性格・特徴

 ブービエデフランダースの性格は主人や子供にはきわめて忠実です。小説「フランダースの犬」の中でも、この犬の気質が詳細に描かれています。非常におとなしく、トレーニングにもよく反応する頭のよい犬種です。
 身体は粗く硬い濃色のコートと眉毛、口髭、顎髭が特徴です。被毛色にはブラックのほか、フォーン、グレイブリンドル、ペッパーアンドサルトなどのバリエーションがあります。

ブービエデフランダースのお手入れ・注意点

 ブーヴエデフランダースには、毎日の十分な散歩や運動が必要です。長めの散歩やハイキングなどを取り入れてあげましょう。粗めの被毛はダブルコートで、1週間に1~2回程度のコーミングと、3ヶ月に1回程度のトリミングが必要でしょう。

ブービエデフランダースの動画

 以下でご紹介するのはブービエデフランダースの動画です。
 元アメリカ大統領のロナルド・レーガンが、「パピー」という名のブーヴエデフランダースをホワイトハウスで飼っていたことは有名です。しかしマーガレット・サッチャーと並んで歩いているときにレーガン大統領を引きずってしまうというやんちゃぶりを発揮してしまい、レーガンランチという牧場へと住処を移されてしまいました。ハリウッドではウォーレン・ビーティやダイアン・キートンもこの犬種の愛好者でした。独立心が強いためしつけには時間がかかりますが、大型犬にしては寿命が長く、10年以上生きるものもいます。
元動画は⇒こちら
ブービエデフランダーストップへ