トップ犬の種類あ行に属する犬の種類アイリッシュウルフハウンド

アイリッシュウルフハウンド

 アイリッシュウルフハウンドの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

アイリッシュウルフハウンドの基本情報

アイリッシュウルフハウンド
  • 体高
    オス⇒ 81~86cm
    メス⇒ 76~81cm
  • 体重
    オス⇒ 50~54kg
    メス⇒ 45~48kg
  • 分類
    ハウンドグループ
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

アイリッシュウルフハウンドの歴史・ルーツ

 アイリッシュウルフハウンドの起源は定かではありません。AD400年頃のローマには、この犬種と思われる犬に関する記述が残っており、また1652年にはクロムウェルによって輸出が禁止されたという記録があります。こうしたことからアイリッシュウルフハウンドは、アイルランドにおいて少なくとも数百年の歴史を持っていると考えられます。
G.A.グラハム大尉(Captain George Augustus Graham)  1700年代後半、アイルランドで狼が絶滅すると、それまで番犬として活躍していたウルフハンドの居場所が無くなり、急速に数が減っていきました。しかし19世紀の後半にG.A.グラハム大尉(写真右)を中心とする愛好家がボルゾイなどを掛け合わせて個体数の維持を図り、なんとか絶滅の危機を乗り越えます。また同時に犬種クラブが設立され、アイリッシュウルフハウンドの原型が作られました。
 現在は、全犬種中で「最も背の高い犬」として名を馳(は)せています。

アイリッシュウルフハウンドの性格・特徴

 アイリッシュウルフハウンドの性格は、従順、勇敢で極めて穏やかです。体の大きさを度外視すれば、極めて家庭向きの犬です。また身体は、全犬種の中で最大級の体高を持っていることが特徴で、被毛は粗く硬質です。

アイリッシュウルフハウンドのお手入れ・注意点

 アイリッシュウルフハウンドには毎日の散歩や運動が必要です。長めの散歩や全力疾走できるような運動を取り入れてあげると喜ぶでしょう。超大型犬のため飼育に当たっては相応の飼育設備が必要であり、アパートやマンション内での室内飼育は不可能でしょう。
被毛は週に1~2回のブラッシングやコーミング程度で充分です。

アイリッシュウルフハウンドの動画

 以下でご紹介するのはアイリッシュウルフハウンドの動画です。
 非常に大きな体躯(たいく)を誇っており、立ち上がった時の高さは、なんと2メートルを超え、また体重は生後わずか6ヶ月で40キロに達するそうです。成犬の一日の食事量は1.3キロほどになるというから驚き。
 また起源については、ジュリアスシーザーのガリア戦記に、すでにこの犬に関する記述が見られるとか。
 健康面では鼓脹、心臓病、骨ガンなどを発症しやすく、そのため寿命が6~8年と極端に短いのが特徴で、家庭犬として迎える場合は長く生きられないという点を事前に納得しておくことが重要となります。
元動画は⇒こちら
アイリッシュウルフハウンドトップへ