トップ犬の種類あ行に属する犬の種類アメリカンウォータースパニエル

アメリカンウォータースパニエル

 アメリカンウォータースパニエルの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などをまとめました。

アメリカンウォータースパニエルの基本情報

アメリカンウォータースパニエル
  • 体高
    オス⇒ 36~46cm
    メス⇒ 36~46cm
  • 体重
    オス⇒ 11~20kg
    メス⇒ 11~20kg
  • 分類
    スポーティンググループ
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

アメリカンウォータースパニエルの歴史・ルーツ

 アメリカン・ウォータースパニエルの起源は定かではありませんが、アイリッシュ・ウォータースパニエルカーリー・コーテッド・リトリバーの交配種を基礎犬とし、それにオールド・イングリッシュ・ウォータースパニエルを掛け合わせたものと考えられています。また一方、南カリフォルニアで七面鳥狩りに使用されているボイキン・スパニエルと近縁であるとする説もあります。アメリカン・ウォータースパニエルはアメリカ原産とされる数少ない犬種のひとつで、現在は合衆国ウイスコンシン州の州犬となっています。
 アメリカン・ウォータースパニエルは1800年代前半、ウィスコンシン州を流れるフォックス川と、その支流であるウルフ川で、主に鳥猟犬として発展を遂げました。当時の水鳥猟はカヌーやボートに犬を乗せて湿地に入るのが一般的だったようです。アメリカン・ウォータースパニエルは水面に落ちた複数の獲物を瞬時に認識し、水の流れや獲物の状態から、最も効率的に獲物を回収するルートを瞬時に計算することができたと言われています。
 1900年代になると他犬種の人気に押されて数が徐々に減りましたが、ウィスコンシン州ニューロンドンの医師、J.フェイファーの尽力によって血統が維持され、1920年にはUKC、そして1940年にはAKCによって公認されています。

アメリカンウォータースパニエルの性格・特徴

 アメリカン・ウォータースパニエルの性格は知的で有能、忠実で温和です。また身体は、ガチョウなどの大きな水鳥をくわえて運ぶこともできるほど広くて丈夫な鼻口部をもっており、四肢は頑強で、水中でも大きな推進力を作ることができます。

アメリカンウォータースパニエルのお手入れ・注意点

 アメリカン・ウォーター・スパニエルには毎日の運動が必要です。長めの散歩や運動をさせてあげましょう。被毛は脂分が多いので、1週間に1回程度のブラッシングが必要です。足の裏から頭の先までのむだ毛をバリカンで刈り、耳のなかを定期的に検査してあげましょう。

アメリカンウォータースパニエルの動画

 以下でご紹介するのはアメリカンウォータースパニエルの動画です。簡単な歴史と標準的な体系が紹介されています。英語ですが、上記内容とほぼ同じですので、映像だけを見て聞き流して頂いても結構です。
元動画は⇒こちら
アメリカンウォータースパニエルトップへ