トップ犬の種類あ行に属する犬の種類秋田犬

秋田犬

 秋田犬の体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

秋田犬の基本情報

秋田犬
  • 体高
    オス⇒ 65~67cm
    メス⇒ 57~61cm
  • 体重
    オス⇒ 34~50kg
    メス⇒ 30~45kg
  • 分類
    ワーキンググループ
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

秋田犬の歴史・ルーツ

マスティフ  秋田犬(あきたいぬ)の起源は、秋田県大館地方において「大館犬」と呼ばれていた犬です。この「大館犬」は、古くから地元のマタギ犬(猟師について熊や猪を追い立てる)として飼育され、闘犬としても用いられてきました。土佐犬とも渡り合える体格を作るため、マスティフ(写真右)やグレートデンなど、洋犬の血統が用いられています。
 大館犬が「秋田犬」と呼ばれるようになったのは、1931年からのことです。このとき同時に、日本原産7犬種のうち唯一の大型犬、かつ天然記念物として認定されました。忠犬として有名なハチ公も、そうした秋田犬の一頭です。
 秋田犬は明治41年(1908)、秋田県内における闘犬が禁止されたことを機に頭数が激減、大正期には絶滅の危機に瀕します。昭和に入ると大戦のために更に決定的な打撃を受けましたが、戦後、有志によって復興と改良が計られました。またアメリカ帰還兵が多くの秋田犬を母国に連れ帰り、現在では「ジャパニーズ・アキタ」、「ジャパニーズ・グレート・ドッグ」の名で高い人気を維持しています。

秋田犬の性格・特徴

 秋田犬の性格は、忠犬ハチ公の逸話に代表されるように主人に対しては極めて忠実ですが、見知らぬものに対しては警戒心が強く、時として攻撃的になることもあります。ハチ公のイメージが余りにも強いため、攻撃的な気質も持ち合わせているという事実があまり知られていないようです。飼育に際しては充分なトレーニングが必要です。
 秋田犬の身体は、密な下毛とまっすぐで硬い上毛の2層の被毛で覆われており、悪天候や水から体をしっかりと守ってくれます。

秋田犬のお手入れ・注意点

 秋田犬の運動には、毎日長めの散歩や長距離のジョギングを取り入れたりするとよいでしょう。十分な運動をさせないと、ストレスから攻撃性が前面に出てくることもありますので要注意です。被毛の手入れとしては、1週間に1回はブラッシングをしてむだ毛を取り除いてあげましょう。

秋田犬の動画

 以下でご紹介するのは秋田犬の動画です。
 1937年、アメリカに秋田犬を持ち込んだ最初の人物としてヘレンケラーが紹介されています。保険会社では噛み付く危険の高い犬種リストに載っており、飼育家庭ではその分保険料が高くなるとか。
 抜け毛が多いのでグルーミングは時間と労力を要します。また縄張り意識や攻撃性が強いため、子犬の頃からの一貫した社会化教育が必要です。
元動画は⇒こちら
秋田犬トップへ