トップ犬の種類さ行に属する犬の種類スピノーネイタリアーノ

スピノーネイタリアーノ

 スピノーネイタリアーノの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

スピノーネイタリアーノの基本情報

スピノーネイタリアーノ
  • 体高
    オス⇒ 58~69cm
    メス⇒ 56~64cm
  • 体重
    オス⇒ 32~37kg
    メス⇒ 28~32kg
  • 分類
    スポーティンググループ
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

スピノーネイタリアーノの歴史・ルーツ

 スピノーネイタリアーノはイタリアのピーモント地方を原産とする猟犬の一種です。明確な起源は定かではありませんが、古代ギリシアの哲学者・著述家であったクセノポンが「突出したスタミナと類まれなポインティング能力を有した、ごわごわした毛の犬」と記述しており、これがスピノーネイタリアーノの祖先を指し示していると考えると、その起源はBC5世紀ごろにまで遡ります。祖先犬に関しては幾つかの仮説が乱立しており、今は絶滅していないスパニッシュポインターを祖とする説、ロシアンセッター起源説、ローマ帝国全盛期、ギリシア人商人がイタリアに持ち込んだ毛の粗いセッターを起源とする説など様々です。
 1900年代に入ると、ポインターやセッターなど他の猟犬の台頭、および第二次世界大戦の勃発により、スピノーネイタリアーノは絶滅の危機に瀕してしまいます。個体数が減ってしまったためやむなくワイヤーヘアードポインティンググリフォンジャーマンワイヤーヘアードポインター、プーデルポインター(ドイツ原産の猟犬でイングリッシュポインターとプードルの混血)、ブラッコイタリアーノ(イタリア原産の猟犬)等の血統が利用され、犬種の存続が計られました。1950年代になると「La Famiglis dello Spinone」が設立されて血統維持に尽力し、今日まで連綿と犬種固有の特性を守り抜いています。
 アメリカへは、早くも1931年に「ベラ」と「トリス」という名の番(つがい)が渡りましたが、犬種協会が設立されたのは1987年と、かなり後のことになります。AKCではスポーティンググループとして2000年に公認されました。
 犬種名は、小動物の隠れ場所として絶好だったイタリアの有刺低木林、通称「Spino」に由来するという説や、イタリアのバジリカータ州にある地名の一つ「Spinoso」にちなんでいるという説などがあります。

スピノーネイタリアーノの性格・特徴

 スピノーネイタリアーノの性格は穏やかで愛情深く、我慢強いので子供ともうまく共生できます。長きに渡り猟犬として選択繁殖されてきたため、飼い主に対する忠誠心が高いことでも知られます。
 ボディは体長と体高がほぼ等しく、横から見ると四角形で、どんな地形もものともしない頑丈な骨格としっかりとした筋肉を特徴としています。長い頭と突き出た後頭骨、顔のあごひげも印象的です。被毛色はホワイト、白地にオレンジのマーキング、オレンジローン(白とオレンジが細かくミックス)、ブラウンローンなどがあり、毛質はややワイヤー。長さは4~6センチですが、マズルや頭、耳や足近辺は若干短い毛で覆われています。なお、被毛がホワイトの場合は皮膚、鼻、唇、肉球などは肉色であることが望ましいとされます。

スピノーネイタリアーノのお手入れ・注意点

 スピノーネイタリアーノのお手入れは、週に1回程度のブラッシングと、年に数回のストリッピング(無駄な毛を特殊な道具で引き抜くこと)で十分でしょう。定期的な耳のチェックお行い、よだれが多いのでこまめに顔周辺を吹いてあげましょう。足には水かきがあり泳ぎも得意なので、散歩のほか川やプール遊びも大好きです。2004年、UKCの行った調査によると、平均寿命は8.7歳で、遺伝的に小脳失調症と股関節形成不全症を発症する傾向があります。

スピノーネイタリアーノの動画

 以下でご紹介するのはスピノーネイタリアーノの動画です。
 丈夫な皮膚と粗い被毛をもち、トゲのある低木地にも入っていけます。「The Spinone Club of America」が1987年に設立された当初は、わずか37頭だったといいます。
元動画は⇒こちら
スピノーネイタリアーノトップへ