トップ犬の種類さ行に属する犬の種類ジャーマンワイヤーヘアードポインター

ジャーマンワイヤーヘアードポインター

 ジャーマンワイヤーヘアードポインターの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

ジャーマンワイヤーヘアードポインターの基本情報

ジャーマンワイヤーヘアードポインター
  • 体高
    オス⇒ 57~68cm
    メス⇒ 57~68cm
  • 体重
    オス⇒ 25~30kg
    メス⇒ 25~30kg
  • 分類
    スポーティンググループ
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

ジャーマンワイヤーヘアードポインターの歴史・ルーツ

 ジャーマンワイヤーヘアードポインターの起源は複雑です。プーデルポインター(pudelpointer/オールド・ジャーマン・プーデルとポインターを掛け合わせた犬種)を基礎犬とし、それにショートヘアードポインタープードルフォックスハウンドなど優れた猟性能を持つ多くの犬種が交配されました。結果として追跡、ポイント、水陸選ばぬ回収能力など、複数の混血犬種の特長が生かされた多用途猟犬として完成し、ドイツ人が作出した猟犬の理想型とまで言われています。
 ヨーロッパにおいて犬種として公認されたのはやや遅い1920年代で、アメリカにおいてはさらに遅い1959年のことです。
 ジャーマンワイヤーヘアードポインターの犬名は、ドイツでは「ドラートハール」(drahthaar)、日本では「独ポ」などとも呼ばれることがあります。

ジャーマンワイヤーヘアードポインターの性格・特徴

 ジャーマンワイヤーヘアードポインターの性格は、飼い主に忠実ですがやや頑固な面も持ち合わせており、見知らぬものに対しては警戒心を抱きます。
 直毛で粗いワイヤーコートは、過酷な環境の中でも外傷を受けることなく作業が可能で、耐水性に富んでいます。眉付近の厚い硬毛は薮や小枝から目を守り、口や顎の髭は茂みをくぐり抜ける時に顔面を保護します。密生したアンダーコートは冬は外套の役割を果たし、夏には抜け落ちます。

ジャーマンワイヤーヘアードポインターのお手入れ・注意点

 活発な狩猟犬であるジャーマンワイヤーへアードポインターには、毎日の運動が不可欠です。少なくとも1日に1時間程度の運動を取り入れましょう。屋外と室内を自由に行き来できる空間を作り、人間と交流できる生活環境を設けてあげましょう。美しい輪郭を保ちたいなら、時々手でむだ毛を取り除くストリッピングを行います。ブラッシングは週1回程度でかまいません。

ジャーマンワイヤーヘアードポインターの動画

 以下でご紹介するのはジャーマンワイヤーヘアードポインターの動画です。
 19世紀中ごろ、グリフォン、プードルポインター、ジャーマンショートヘアーと掛け合わせて作出されたといわれています。1920年代にアメリカへと渡り、「The Biscuit Eater」というディズニー映画では主役級の活躍を見せています。股関節形成不全症、遺伝的な目の病気、皮膚病などに若干かかりやすい傾向があります。
元動画は⇒こちら
ジャーマンワイヤーヘアードポインタートップへ