トップ犬の種類さ行に属する犬の種類スコティッシュディアハウンド

スコティッシュディアハウンド

 スコティッシュディアハウンドの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

スコティッシュディアハウンドの基本情報

スコティッシュディアハウンド
  • 体高
    オス⇒ 76~81cm
    メス⇒ 66~71cm
  • 体重
    オス⇒ 39~50kg
    メス⇒ 34~43kg
  • 分類
    ハウンドグループ
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

スコティッシュディアハウンドの歴史・ルーツ

スコットランドのハイランド地方  スコティッシュディアハウンドの起源は、スコットランドのハイランド地方(右地図)で飼育されてきた古代のウルフハウンドやグレーハウンドが、シカ狩り用に改良された犬だと考えられています。中世のスコットランドでは、野生のシカそのものがスコットランド王の所有物とされており、貴族にしか猟が許されていませんでした。シカ狩りにお供する猟犬もまた高貴なものとして扱われ、一時は伯爵より上の階級のみに飼育が許されていたと言います。
 長らくVIP待遇を受けていたスコティッシュディアハウンドでしたが、1700年代に入ると凋落の一途をたどります。理由としては、スコットランドとイングランドの「カローデンの戦い」によるスコットランド貴族の没落、後装ライフル銃の誕生による猟法の変化、森の衰退によるシカの頭数減少などが挙げられます。
 1800年代初頭には、一時絶滅の危機にまで瀕しますが、1820年代、イギリスのアーチボルドとダンカンのマックニール兄弟の尽力により、なんとかこの危機を乗り越えました。復活の過程ではアイリッシュウルフハウンドが用いられたようです。その後、ヴィクトリア女王の庇護を受けて徐々に頭数を増やしたものの、第一次大戦の勃発によって再び数が激減。その影響で、現在でも絶対数の少ない犬種の一つとして知られています。

スコティッシュディアハウンドの性格・特徴

 スコティッシュディアハウンドの性格は、飼い主に絶対的な服従心をもち、子供に対しても友好的です。ただし追跡衝動が強いため、小型犬や猫など、体の小さな動物との同居には熟考を要します。
 身体は、優れた嗅覚によって獲物を発見し、100kgを超えるシカに追いつくスピードと組み伏せる力を持っています。平均寿命は8~9歳程度と、小型犬に比べるとかなり短命です。

スコティッシュディアハウンドのお手入れ・注意点

 スコティッシュディアハウンドには毎日かなりの量の散歩や運動が必要です。長時間かけて散歩をさせたり、ハイキングなどを取り入れると喜ぶでしょう。大型犬ですので、飼育に際しては相応の敷地が必要です。被毛は細かくカールしており、1週間に1~2回程度コーミングが必要となります。

スコティッシュディアハウンドの動画

 以下でご紹介するのはスコティッシュディアハウンドの動画です。
 ルアー(疑似餌)を追いかけて勇壮に走る姿を見て取れます。
元動画は⇒こちら
スコティッシュディアハウンドトップへ