トップ犬の種類ま行に属する犬の種類ミニチュアピンシャー

ミニチュアピンシャー

 ミニチュアピンシャーの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

ミニチュアピンシャーの基本情報

ミニチュアピンシャー
  • 体高
    オス⇒ 25~32cm
    メス⇒ 25~32cm
  • 体重
    オス⇒ 4~5kg
    メス⇒ 4~5kg
  • 分類
    トイグループ
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

ミニチュアピンシャーの歴史・ルーツ

 ミニチュアピンシャーの起源は定かではありません。古くからドイツや北欧の国々で害獣駆除を目的に飼育されていたジャーマンピンシャーを基礎犬とし、そこにダックスフントイタリアングレーハウンドなどが掛け合わされたと考えられています。
 ドイツ国内で犬種クラブが設立されたのは1895年で、ドッグショーデビューはそれから5年後の1900年でした。1920年代に入るとアメリカに渡り、「ピンシャー」(Pinscher)と呼ばれるようになります。その後1929年、AKCによって正式に公認されますが、現在の「ミニチュアピンシャー」という犬名になったのは1972年からのことです。 小型の鹿「レー」(reh)
 犬名はドイツ語でテリアを表す「ピンシャー」から来ています。ドイツ国内では「レー・ピンシャー」と呼ばれていますが、これは「レー」(reh)という小型の赤い鹿(写真右)に似ていることに由来しています。愛称は「ミニピン」です。なお、この犬種は、同じくドイツ原産のドーベルマンのミニチュア版と勘違いされることが多いようですが、両犬種の間には全く血縁関係がありません。

ミニチュアピンシャーの性格・特徴

 ミニチュアピンシャーの性格は警戒心が強く勇猛果敢で、多少気が荒い側面を持っています。この性格を利用してアメリカでは一時期、車の盗難防止や麻薬密売者の護衛犬として車に乗せられている時期もありました。また生来の清潔好きです。身体は前肢を高く上げる「ハクニー歩様」が特徴で、被毛は短く滑らかです。

ミニチュアピンシャーのお手入れ・注意点

 ミニチュアピンシャーには毎日かなりの運動量が必要です。室内や庭などで充分運動をさせてあげたり、やや多めの散歩を取り入れると喜ぶでしょう。寒い環境が苦手なので室内飼育をお勧めします。被毛の手入れはほとんど必要なく、時々濡れタオルで体を拭いたりブラッシングする程度で十分です。

ミニチュアピンシャーの動画

 以下でご紹介するのはミニチュアピンシャーの動画です。
 「ミニピン」の愛称で親しまれ、ドーベルマンのミニチュア版と勘違いされることが多々ありますが、まったくの別種で、ミニチュアピンシャーの方が約100年古い歴史を持っています。足先は猫に似ており、歩き方は「ハクニーポニー」に似ています。骨が細いので高い場所からの飛び降りには注意が必要です。しつけにはやや時間がかかるため、子犬の頃からの訓練が重要となるでしょう。
元動画は⇒こちら
ミニチュアピンシャートップへ