トップ犬の種類さ行に属する犬の種類ジャーマンピンシャー

ジャーマンピンシャー

 ジャーマンピンシャーの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

ジャーマンピンシャーの基本情報

ジャーマンピンシャー
  • 体高
    45~50cm
  • 体重
    14~20kg
  • 分類
    Group2(FCI)/ワーキンググループ(AKC)
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

ジャーマンピンシャーの歴史・ルーツ

 ジャーマンピンシャーは、同じくドイツ産の犬種である「スタンダードシュナウザー」と兄弟の関係にあると考えられています。
 スタンダードシュナウザーは1880年代初頭まで、「ワイヤーヘアード・ピンシャー」と呼ばれていました。このワイヤーヘアード・ピンシャーの同腹子の中には、毛が短くて直毛タイプのものがおり、1890年代になると、これら直毛タイプのものを別犬種として独立させようとする動きが起こりました。1890年代半ばには犬種クラブが設立され、従来のワイヤーヘアード・ピンシャーは「スタンダードシュナウザー」として、そして直毛タイプのものは「ジャーマンピンシャー」として独立を果たしました。ですからシュナウザー種とジャーマンピンシャーとは、祖先を共有する兄弟犬の関係にあるわけです。
 独立を果たしたジャーマンピンシャーは、1890年代に作出されたドーベルマンミニチュアピンシャーの原型づくりにも貢献しています。しかし他犬種との関わりが深い割には知名度が低く、AKCによって公認されたのは2005年とつい最近のことです。

ジャーマンピンシャーの性格・特徴

 ジャーマンピンシャーの性格は、頭が良く活発です。見知らぬ者には用心深い反面、家族に対しては深い愛情示します。
 毛を短く密生しており直毛です。毛色パターンには、ディアレッド、レディッシュブラウン、ダークレッドブラウン、フォーン、スタッグレッド(赤地に黒い毛が散在)、ブラックアンドブルー+タンマーキングなどがあります。

ジャーマンピンシャーのお手入れ・注意点

 ジャーマンピンシャーには毎日最低でも1時間程度の運動をさせてあげる必要があります。被毛の手入れは、汚れた時に濡れタオルで拭いてあげる程度で大丈夫でしょう。

ジャーマンピンシャーの動画

 以下でご紹介するのはジャーマンピンシャーの動画です。
 ジャーマンピンシャーは1900年代に入り、2つの世界大戦によって壊滅的なダメージを受けました。もともとは様々なタイプの毛色がいましたが、戦後はブラックとソルトアンドペッパーが絶滅したと言われています。現在のジャーマンピンシャーを立て直したのは、西ドイツ人ヴェルナー・ユング(Werner Jung)です。彼は1958年、当時分断状態にあった東ドイツからメスのジャーマンピンシャーを何とか入手し、個体数の増加に尽力しました。
元動画は⇒こちら
ジャーマンピンシャートップへ