トップ犬の種類さ行に属する犬の種類ジャーマンロングヘアードポインター

ジャーマンロングヘアードポインター

 ジャーマンロングヘアードポインターの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

ジャーマンロングヘアードポインターの基本情報

ジャーマンロングヘアードポインター
  • 体高
    オス⇒ 60~70cm
    メス⇒ 58~66cm
  • 体重
    30kg
  • 分類
    Group7(FCI)
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

ジャーマンロングヘアードポインターの歴史・ルーツ

 ジャーマンロングヘアードポインターは、1800年代中ごろ、ドイツ国内における狩猟法の改正に伴い、猟犬に対する需要が急速に高まったタイミングで生み出されたと考えられています。
 1878年、フランクフルトにおいて開催されたドッグショーでデビューを飾ると同時に本格的な繁殖が開始されました。1900年代に入ると、血統を管理していた犬種クラブが、ブラック系統を除外するという決定を下したため、黒い被毛を持つものは他の犬種クラブが繁殖を担当するようになりました。こうして誕生したのが、小柄なスモールミュンスターレンダーと、大柄なラージミュンスターレンダーであり、黒以外の毛色から生み出されたのが当犬種です。
 ベルギーに本拠地を持つFCIにおいては、「ドイツの長い毛」を意味する「ドイチェランハー」(Deutsch Langhaar)という名で登録されており、英語圏ではこれを訳した「ジャーマンロングヘアードポインター」と呼ばれています。なお、名前が近い犬種としてジャーマンショートヘアードポインタージャーマンワイアーヘアードポインターがいますが、FCIの公式記録を見る限り、ロングヘアーと明確な血縁関係は無いようです。

ジャーマンロングヘアードポインターの性格・特徴

 ジャーマンロングヘアードポインターの性格は、頭がよく穏やかです。しつけにもよく反応します。
 背中から体側にかけての毛は3~5センチで、首の下、胸元、腹部の毛はやや長めになり、四肢の裏側、尻尾には飾り毛がつきます。毛色のパターンは、ブラウン、ブラウン+ホワイト、ブラウン+ホワイトスペックル(斑点)、ダークローン、ペイルローンなどです。

ジャーマンロングヘアードポインターのお手入れ・注意点

 ジャーマンロングヘアードポインターには、毎日最低でも1時間以上の運動をさせてあげる必要があります。人との接触を強く求める犬種ですので、屋外飼育には不向きです。被毛の手入れは週に1~2回のブラッシングを基本とします。また、耳の手入れも定期的に行ってあげましょう。

ジャーマンロングヘアードポインターの動画

 以下でご紹介するのはジャーマンロングヘアードポインターの動画です。
 最初のスタンダードは、Baron von Schorlemerが1897年に作成したものだとされています。
元動画は⇒こちら
ジャーマンロングヘアードポインタートップへ