トップ犬の種類さ行に属する犬の種類ジャーマンラフヘアードポインター

ジャーマンラフヘアードポインター

 ジャーマンラフヘアードポインターの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

ジャーマンラフヘアードポインターの基本情報

ジャーマンラフヘアードポインター
  • 体高
    オス⇒ 60~70cm
    メス⇒ 58~68cm
  • 体重
    -kg
  • 分類
    Group7(FCI)
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

ジャーマンラフヘアードポインターの歴史・ルーツ

 ジャーマンラフヘアードポインターの起源は定かではありません。1888年、ドイツの畜犬学者ハンス・フォン・カーディッシュは、この犬がポインティングを得意とする猟犬の短毛タイプではなく、「ヒュナーフント」(Huhnerhund)と呼ばれる鳥猟犬の粗毛タイプであることを突き止めました。その後1892年に犬種クラブが創設され、今日まで血統が守られ続けています。
 同じくドイツ産の似た犬としてジャーマンワイアーヘアードポインターがいますが、これは別犬種です。ワイアー種が「ドラーター」(Drahthaar)と呼ばれているのに対し、当ラフ種は「スティッヘルヒャー」(Stichelhaar)と呼ばれて区別されます。またジャーマンショートヘアードポインターも「クッツァリガー」(Kurzhaariger)と呼ばれる別犬種です。

ジャーマンラフヘアードポインターの性格・特徴

 ジャーマンラフヘアードポインターの性格は、非常に落ち着きがあり我慢強いとされます。極端に攻撃的だったり臆病だと言うことがなく、バランスが取れた個体が多いと言われます。
 身体は中~大型でがっちりしています。被毛は約4センチで粗く、手触りはこわごわです。眉毛や口髭がよく発達しています。毛色のパターンは、ブラウン+胸元のホワイト、ブラウンローン+ブラウン斑、ライトローン+ブラウン斑です。

ジャーマンラフヘアードポインターのお手入れ・注意点

 ジャーマンラフヘアードポインターには、毎日最低でも1時間以上の運動をさせてあげる必要があります。被毛の手入れは、汚れた時に濡れタオルで拭いてあげる程度で大丈夫でしょう。換毛期においては、死毛を指先で引き抜いてあげるプラッキングも効果的です。

ジャーマンラフヘアードポインターの動画

 以下でご紹介するのはジャーマンラフヘアードポインターの動画です。
 よくジャーマンワイアーヘアードポインターと混同されますが、両犬種は別物です。
元動画は⇒こちら
ジャーマンラフヘアードポインタートップへ