トップ犬の種類ま行に属する犬の種類マレンマシープドッグ

マレンマシープドッグ

 マレンマシープドッグの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

マレンマシープドッグの基本情報

マレンマシープドッグ
  • 体高
    オス⇒ 65~73cm
    メス⇒ 60~68cm
  • 体重
    オス⇒ 35~45kg
    メス⇒ 30~40kg
  • 分類
    Group1(FCI)
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

マレンマシープドッグの歴史・ルーツ

 マレンマシープドッグの起源は、イタリア中部アドリア海沿岸に位置するアブルッツォ州において、古くから牧羊犬として用いられてきた犬だと考えられています。
 1800年代半ばごろから、特にティレニア海に隣するマレンマ地方や、イタリア中西部のラティウム地方において、牧羊業が盛んになりました。その結果、これらの地域で活躍していた犬たちが自然と交雑し、現在のマレンマシープドッグの原型になったと推測されています。

マレンマシープドッグの性格・特徴

 マレンマシープドッグの性格は、飼い主に対しては忠実ですが、外敵と見なした者に対しては警戒心を示すことがあります。これは長らく牧羊犬として家畜を害獣から守ってきた名残(なごり)でしょう。
 被毛は8センチ程度と長く手触りは硬めです。ストレートが基本ですがややウェーブがかかっていてもよしとされます。首周りにはライオンのたてがみのような毛が生え、外傷を防ぎます。毛色はホワイト一色です。アイボリー~薄オレンジ~薄レモンはかろうじて許容されます。

マレンマシープドッグのお手入れ・注意点

 マレンマシープドッグには、毎日最低でも1時間以上の運動をさせてあげる必要があります。被毛の手入れは、週に1~2回のブラッシングを基本とし、換毛期においては+1~2回とします。

マレンマシープドッグの動画

 以下でご紹介するのはマレンマシープドッグの動画です。
 当犬種と「アブルッツォシープドッグ」とはもともと別犬種として扱われていましたが、1958年からは同一犬種として統合されています。
元動画は⇒こちら
マレンマシープドッグトップへ