トップ犬の種類ま行に属する犬の種類ムーディ

ムーディ

 ムーディの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

ムーディの基本情報

ムーディ
  • 体高
    オス⇒ 41~47cm
    メス⇒ 38~44cm
  • 体重
    -kg
  • 分類
    Group1(FCI)/FSS(AKC)
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

ムーディの歴史・ルーツ

 ムーディの起源は定かではありません。ハンガリーにおいて、数百年前から牧羊犬として活躍してきた犬が元になっていると考えられています。
 この犬を最初に発見したのは、ハンガリーの歴史学者、デジョー・フィーニャシュ博士(Dr. Dezso Fenyes)だと伝えられています。彼は1930年代、田舎の遺跡や習俗を研究していた際、地元の羊飼いが「プーリー」や「プーミー」と呼ぶ牧羊犬を見かけます。この犬に普通とは違う特徴を見出した博士は、早速典型的な犬を何匹か集め、計画的な繁殖を開始しました。こうして1936年、博士の名前にちなみ、「Canis ovilis Fenyesi」という学名を与えられた犬が、今日の「ムーディ」(Mudi)の原型です。
 ようやく犬種として独立したムーディでしたが、程なくして勃発した第二次世界大戦により、個体数が激減してしまいます。戦後、1960年代から復興計画が開始されたものの、1966年に改定されたスタンダードにより、姿形に関する規定が大きく変更されてしまいました。体の大きさが一回り小さくなり、また単一色やマールなら全色許容されていたものが、ブラック、およびホワイトマールのみに限定されてしまったのは、このときからです。なお、このスタンダードは2000年になって再び改定され、オリジナルに近い毛色が認められるようになり、現在に至ります。

ムーディの性格・特徴

 ムーディの性格は、非常に頭が良く元気いっぱいです。勇敢で用心深く、護衛犬としては優れた能力を発揮します。
 被毛は3~7センチで、ややウェーブやカールがかかっています。頭部と足の前面に関しては短めです。毛色はフォーン、ブラック、ブルーマール、ブルーグレー(アッシュ)、ブラウンなどです。小さいものであればホワイトのマーキングも許容されます。

ムーディのお手入れ・注意点

 ムーディには、毎日最低でも1時間以上の運動をさせてあげる必要があります。被毛の手入れは週に1~2回のブラッシングを基本とします。

ムーディの動画

 以下でご紹介するのはムーディの動画です。
 プーリープーミーからムーディタイプの子犬が産まれるものの、その逆が無いことから、ムーディはプーリーにスピッツタイプの犬をかけ合わせて生まれたと言う説があります。
元動画は⇒こちら
ムーディトップへ