トップ犬の種類は行に属する犬の種類プーミー

プーミー

 プーミーの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

プーミーの基本情報

プーミー
  • 体高
    オス⇒ 41~47cm
    メス⇒ 38~44cm
  • 体重
    オス⇒ 10~15kg
    メス⇒ 8~13kg
  • 分類
    Miscellaneous(AKC)
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

プーミーの歴史・ルーツ

 プーミーは、ハンガリー東部のドナウ川中流域に広がる「プスタ」と呼ばれる平原において、非常に古い時代から牧羊犬として活躍してきたプーリーが元になっていると考えられています。
 1600~700年代になるとドイツやフランスなどからテリアが持ち込まれるようになり、土着の牧羊犬との間で交雑が起こり始めました。このようにして出来上がったのが、現存するプーミーの原型だと推測されます。
 最初のスタンダードが作成されたのは1935年のことで、ハンガリーのエミール・ライチシュ(Dr. Emil Raitsis)という学者が関わっていたと伝えられています。
 1966年にはベルギーに本拠地を持つFCIによって国際的に公認され、1970年代からは海外にも輸出されるようになりました。

プーミーの性格・特徴

 プーミーの性格は、勇敢で活発です。元気が溢れ常に動き回ろうとするため、やや落ち着きがないという印象を与えるかもしれません。
 被毛は、柔らかいアンダーコートと粗めのアウターコートからなるダブルコートです。アウターコートは4~7センチで、軽くウェーブやカールがかかります。毛色は、様々なシェイドのグレー、ブラック、フォーン(レッド~クリーム)、ホワイトのソリッドカラーです。

プーミーのお手入れ・注意点

 プーミーには、毎日最低でも1~2時間以上の運動をさせてあげる必要があります。被毛の手入れは、週に1回のブラッシングを基本とし、換毛期においては+1~2回とします。

プーミーの動画

 以下でご紹介するのはプーミーの動画です。
 同じくハンガリー出身のムーディも、この犬種と同時期の1936年に、プーリーからの独立を果たしています。
元動画は⇒こちら
プーミートップへ