トップ犬の種類は行に属する犬の種類プチブルードガスコーニュ

プチブルードガスコーニュ

 プチブルードガスコーニュの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

プチブルードガスコーニュの基本情報

プチブルードガスコーニュ
  • 体高
    オス⇒ 52~58cm
    メス⇒ 50~56cm
  • 体重
    -kg
  • 分類
    Group6(FCI)
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

プチブルードガスコーニュの歴史・ルーツ

 プチブルードガスコーニュは、フランス南西部のガスコーニュ地方において、1300年代から猟犬として育種されていたグランブルードガスコーニュから生み出された犬種です。長い年月をかけ、体が一回り小さいものを選択繁殖して作出されたと考えられています。
 「グラン」(大きい)タイプがシカやイノシシなど大型動物のハンティングに用いられたのに対し、この「プチ」(小さい)タイプは、ウサギやキツネなどの小型動物のハンティングに用いられました。
 犬名の「プチ」はフランス語で「小さい」を意味しますが、これは体の大きさというよりも、ターゲットとする獲物大きさを表しています。同じくグランブルードガスコーニュを祖とする犬としては、バセブルードガスコーニュが挙げられます。

プチブルードガスコーニュの性格・特徴

 プチブルードガスコーニュの性格は、聞き分けがよく飼い主に対して従順です。群れで行動する習性が強いため、他の動物と強い絆を結ぶことができます。
 被毛は短く密で、毛色はブラックとホワイトが均等に入り交じり、全体としてはスレートブルー(灰色がかった青)の色合いを呈します。体には大きめのブラック班が入り、目の上には小さなタンが入ります。

プチブルードガスコーニュのお手入れ・注意点

 プチブルードガスコーニュには、毎日最低でも1時間以上の運動をさせてあげる必要があります。被毛の手入れは週に1回のブラッシングを基本とし、汚れた時は濡れタオルで拭いてあげます。

プチブルードガスコーニュの動画

 以下でご紹介するのはプチブルードガスコーニュの動画です。
元動画は⇒こちら
プチブルードガスコーニュトップへ