トップ犬の種類は行に属する犬の種類ブルーピカーディスパニエル

ブルーピカーディスパニエル

 ブルーピカーディスパニエルの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

ブルーピカーディスパニエルの基本情報

ブルーピカーディスパニエル
  • 体高
    57~60cm
  • 体重
    -kg
  • 分類
    Group7(FCI)
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

ブルーピカーディスパニエルの歴史・ルーツ

 ブルーピカーディスパニエルは、 1800年代のフランスにおいて生み出された犬種です。
 1700年代末にフランス革命が終結すると、それまで貴族に独占されていた狩猟が、一般大衆にも開放されるようになりました。この変革に伴って人気を高めたのが、古来よりフランス国内で猟犬として活躍していたピカーディスパニエルです。しかし1800年代に入ると、イギリスのハンターたちが自国の猟犬を連れてフランス北東部にやってきたため、この犬種の人気はやや陰りを見せるようになります。いつしか従来のピカーディスパニエルと、イギリス由来のイングリッシュセッターとが交雑し、両方の特性を兼ね備えた犬種が散見されるようになりました。こうして誕生したのが「ブルーピカーディスパニエル」です。
 フランス語では、「ピカルディの青毛スパニエル」を意味する「エパニュールブルードピカルディ」(Epagneul bleu de Picardie)と呼ばれます。ちなみに「ピカルディ」(Picardie)とは、狩猟が盛んだったフランス北部のピカルディ地方のことです。

ブルーピカーディスパニエルの性格・特徴

 ブルーピカーディスパニエルの性格は、穏やかで人なつこいとされます。頭が良く、しつけに対する反応性は良い方です。
 被毛はストレートでややウェーブがかかっており、四肢や尻尾には「フリンジ」と呼ばれる飾り毛がつきます。毛色はグレーとブラックが混じり合って全体としては青みがかった色合いを呈し、そこにブラックの斑が入ります。

ブルーピカーディスパニエルのお手入れ・注意点

 ブルーピカーディスパニエルには、毎日最低でも1時間以上の運動をさせてあげる必要があります。被毛の手入れは、週に1回のブラッシングを基本とし、換毛期においては+1~2回とします。

ブルーピカーディスパニエルの動画

 以下でご紹介するのはブルーピカーディスパニエルの動画です。
 フランス北部ピカルディ地域圏を流れるソンム川は水鳥が豊富で、当時のハンターたちにとっては天国のような場所でした。犬名は、狩猟が盛んだったこの地名に由来しています。当犬種が独立犬種として扱われるようになったのは1938年からです。
元動画は⇒こちら
ブルーピカーディスパニエルトップへ