トップ犬の散歩犬の散歩のマナー

犬の散歩のマナー

 犬を散歩するときにはちょっとしたマナーとルールがあります。法律で定められてものもありますし、そうでないものもありますが、こうした暗黙(あんもく)のルールを守って犬も飼い主も気持ちよく散歩したいものですね。

道での犬の散歩マナー

 歩道を始めとする道における散歩マナーです。ほとんどの飼い主にとって最も使用頻度の高い場所といえます。また、多くの人から見られる場所でもありますから、いま一度しっかりとマナーを確認しましょう。

リーダーウォークができるようにする

公道における犬の散歩マナーの一つとして、リーダーウォークができること、が挙げられます。  リーダーウォークとは、犬が飼い主の先を歩くことなく常に横に付いて歩くことです。
 しつけが不十分だと、犬はいろいろな場所に鼻先を突っ込み、飼い主をぐいぐいと引っ張って疲れさせてしまうことがよくあります。また、飼い主を無視して走っている車や他の人、他の犬などを追いかけると、思わぬ事故につながるかもしれません。こうした不測の事態を避けるため、日頃からリーダーウォークの訓練をしておく必要があります。 リーダーウォークのしつけ

おしっこ・うんちをさせない

公道における犬の散歩マナーの一つとして、おしっこやうんちを自由にさせないこと、が挙げられます。  散歩の時間を排泄の時間にするのは好ましくありません。理由としては、犬が「おしっこやうんちをするのは外だ」と覚えこんで屋外以外の場所では排泄(はいせつ)しなくなる可能性がある点、及び、公共の場を汚すこと自体が非常識であるという点が挙げられます。排泄は屋内や自宅の敷地内で済ませてから散歩に出るのがマナーです。しかし万が一おしっこやうんちをしてしまった場合は、然(しか)るべき対処をしましょう。
 おしっこをしてしまった場合はその場所を水などで軽く流し、できれば消臭剤を掛けておきます。犬は以前排泄した場所に再び排泄する習性がありますので、尿のにおいを消しておくと、再び同じ場所におしっこすることを避ける効果が期待できるのです。
 うんちをしてしまった場合は、新聞紙やティッシュペーバーなどで便をつかみ、においを密閉(みっぺい)するビニール袋などに入れて持ち帰ります。便はお住まいの地域が定める方法で処理してください。道端に放置された便を見ることは、自宅の玄関横に得体の知れないうんちが置おかれているのと同じ感じがしますので、横着(おうちゃく)せずに飼い主が処理してあげましょう。 散歩用トイレグッズ

マテができるようにする

公道における犬の散歩マナーの一つとして、最低限マテの指示に従えること、が挙げられます。  ちょっと買い物をしている間、犬を外につないで待たせるという状況があるかもしれません。そうした場合、犬がじっとおとなしく「マテ」の状態をキープできることが必要となります。
 犬好きな通行人や、犬に関してあまり知識のない通行人は、つながれている犬に安易に近づいてなでようとするのが常(つね)です。しかし犬からすると、見ず知らずの大きな生き物が近づいてきて手を出してくるのですから、怖いに決まっています。恐怖心から人の手を噛(か)んでしまう危険性もありますので、日頃から人の手や人に触られることに慣らしてしておく事が必要なのです。 マテのしつけ

拾い食いをさせない

公道における犬の散歩マナーの一つとして、犬に拾い食いをさせないこと、が挙げられます。  犬に拾い食いをさせるのは好ましくありません。犬は腐(くさ)ったものを食べてもおなかを壊すことはあまりありませんが、絶対に壊さないわけではありませんので、得体の知れないものは基本的に食べさせないようにします。
 目を離した隙(すき)にゴミ置き場にあるかびたパンや腐ったジャンクフードの残り物、あるいは悪意ある第三者が道端にまいた毒物などを誤(あやま)って食べてしまわないように日頃からしつけておきましょう。具体的には家の中でゴミ箱をあさらないようにしつけること、またエサを食べるときは必ず飼い主の許可を得てから食べるようにしつけておくことが重要です。 拾い食いをしつけ直す 犬にとって危険な毒物
犬の散歩のマナートップへ

公園での犬の散歩マナー

 公園における散歩マナーについてです。広々とした空間で気持ちが大きくなり、何となくルールに無頓着(むとんちゃく)になってしまいがちですが、公園に設置されている「犬を散歩するときの注意」という看板なども見ておきましょう。

リードは決して外さない

公園における犬の散歩マナーの一つとして、リードを決してはずさないこと、が挙げられます。  犬の事故、もしくは犬による事故を未然(みぜん)に防ぐため、リードは決して外さないで下さい。
 リードを外したことで犬が道路に飛び出し、車にひかれて死んでしまうことがあります。またリードを外されたことで犬が他人に噛(か)み付き、飼い主が傷害罪(しょうがいざい)で訴えられることもあります。
 いずれにしても「束縛(そくばく)しているようで可哀想」という考えから安易にリードを外してしまうと、思わぬトラブルに巻き込まれてしまうこともありますので、「犬のリードを外さない」という最低限のルールは守るようにしましょう。 犬の首輪・リード 犬の咬傷事故(Q34)

おしっこ・うんちをさせない

公園における犬の散歩マナーの一つとして、おしっこやうんちなどの排泄をさせないこと、が挙げられます。  公園は皆で使う公共の場ですからおしっこやうんちをさせないのは当然のマナーです。
 しかし犬の気まぐれでおしっこやうんちをしてしまうこともあります。そういうときのために、ビニール袋やティッシュペーパーなどの処理道具は最低限用意しておきましょう。ペットの入園を禁止している公園は、たいていの場合飼い主のマナー違反が累積(るいせき)した結果です。 散歩用トイレグッズ

飼い主の命令に従うようしつけておく

公園における犬の散歩マナーの一つとして、犬が飼い主の命令に従うようあらかじめしつけておくこと、が挙げられます。  公園には犬好きの人ばかりがくるわけではありません。不特定の人に近づいて不快な思いをさせないように飼い主の命令に従うようしつけておくことは重要です。最低限「オスワリ」と「マテ」ができるようにしておきましょう。 オスワリのしつけ マテのしつけ
犬の散歩のマナートップへ

ドッグランでの散歩マナー

 ドッグランにおける散歩マナーです。ドッグランとは犬をノーリード(引き綱無し)で遊ばせることの出来るスペースで、有料のところがほとんどですが、無料のところもあります。他の犬との接点が出来やすい空間ですので、犬同士、そして飼い主同士がトラブルに巻き込まれないよう注意したいものです。

予防接種(よぼうせっしゅ)を済ませておく

ドッグランにおける犬の散歩マナーの一つとして、予防接種を済ませておくこと、が挙げられます。  狂犬病(きょうけんびょう)予防注射はもちろんのこと混合ワクチン接種が終わった状態でドッグランに連れて行きましょう。他の犬との接触で思わぬ病原菌やウイルスが感染する危険性は常にあります。社会性を早く身につけさせたいからといって、抵抗力の弱い子犬を安易に他の犬と接触させるのはいささか危険です。 犬のワクチン接種

発情したメス犬を連れ込まない

ドッグランにおける犬の散歩マナーの一つとして、発情してフェロモンを発しているメス犬を連れ込まないこと、が挙げられます。  通常、メス犬には半年に一回発情期を迎えます。この時期のメス犬は、人間には分からない特殊な匂いを性器から発散しており、健全なオス犬であれば当然メス犬の誘いに乗ってしまいます。最悪のケースでは勝手に交尾を始めてしまいますので、この状況を避けるために発情中のメス犬を連れて行かないこと、または獣医師と相談の上、予め避妊(ひにん)手術をしておくことが必要です。 犬の交配

いきなりリードを外さない

ドッグランにおける犬の散歩マナーの一つとして、犬が空間に慣れる前からいきなりリードをはずさないこと、が挙げられます。  ドッグランでは友達がたくさんいて犬はいつもより興奮気味です。この状態の犬はリードを外された途端、他の犬を追い回したりマウントしたりすることがしばしばあります。他の犬や飼い主さんに不快感を与えないためにも、まずはリードにつないで犬を制御できる状態で色々な犬に挨拶(あいさつ)させます。そうしてやや落ち着いてきたところでリードを外してみましょう。なお、飼い主が呼んでも戻ってこないような犬は、ドッグランデビューするにはまだ少し早すぎます。

おもちゃやおやつは原則使わない

ドッグランにおける犬の散歩マナーの一つとして、けんかや争いの元となるおもちゃやおやつを原則的に使用しないこと、が挙げられます。  おもちゃやおやつを持ち込むと、他の犬も反応して寄ってきてしまいます。結果として取り合いになり、混乱や喧嘩(けんか)に発展するかもしれません。原則、おもちゃやおやつの持込をしないのがマナーです。
 もし犬同士が喧嘩をして一方が怪我をした場合は、飼い主同士で話し合って解決することになりますが、おもちゃやおやつを持ち込んだ側に非があります。

おしっこ・うんちをさせない

ドッグランにおける犬の散歩マナーの一つとして、みんなで使用する空間におしっこやうんちをさせないこと、が挙げられます。  皆で使う広場ですからおしっこやうんちをさせないのは当然のマナーです。しかし犬の気まぐれでおしっこやうんちをしてしまうこともあります。そういうときのために、ビニール袋やティッシュペーパーなどの処理道具は最低限用意しておきましょう。 散歩用トイレグッズ
 2010年、カナダのカルガリーで行われた調査で、ノーリードで遊べる公園に行く頻度が高ければ高いほど、原虫や線虫に感染する確率が高くなるという傾向が明らかになりました。
 調査の対象となったのは市立公園を訪れていた犬の飼い主645名。アンケート調査を経て選抜された355頭の犬から糞便が採取され、検査にかけられました。その結果、「公園を訪れる頻度」、および「訪れる公園の数」と、「ランブル鞭毛虫」(Giardia)、および「クリプトスポリジウム原虫」(Cryptosporidium)の感染率との間に正の相関が見つかったといいます。またノーリードで遊べる状況において感染率が高まるとも。こうした事実から研究者は、感染を予防するためには、感染源となりうる糞便を園内に放置しないことが重要であると強調しています。Dog-walking behaviours affect gastrointestinal parasitism in park-attending dogs ジアルジア症を引き起こすランブル鞭毛虫、およびクリプトスポリジウム原虫のオーシスト  この話は日本においても無縁ではありません。「ランブル鞭毛虫」が引き起こすジアルジア症に関しては、年間100件未満ですが感染報告がありますし、クリプトスポリジウム症に関しては、数百~数千人規模の散発的な集団感染例が報告されています。犬のみならず人間への寄生虫感染を予防するための根本的な解決策は、ドッグランに行かないことです。しかしそれでは犬の福祉を大きく損なってしまいます。ですから飼い主として念頭に置くべきは、散歩に出かけたとき、公園を含めた屋外に犬の糞便を放置しないこと、犬が糞便を口にしないよう気を付けること、帰宅したら犬の足をよく拭くことなどです。
犬の散歩のマナートップへ