トップ犬の種類は行に属する犬の種類ベルジアンマリノア

ベルジアンマリノア

 ベルジアンマリノアの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

ベルジアンマリノアの基本情報

ベルジアンマリノア
  • 体高
    オス⇒ 55~66cm
    メス⇒ 55~66cm
  • 体重
    オス⇒ 27~29kg
    メス⇒ 27~29kg
  • 分類
    ハーディンググループ
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

ベルジアンマリノアの歴史・ルーツ

ベルジアン・グローネンダールとベルジアン・タービュレン  ベルジアンマリノアの起源は、ベルギー国内で「ベルジアンシェパード」という名前で知られていた犬種です。この犬は「コンティネンタルシェパード」とも呼ばれ、牧羊犬や護衛犬として活躍していました。1893年、ベルジアンシェパードが犬種として認定されると、その中から褐色短毛で顔に黒いマスクがかかったものだけを選択的に掛け合わせ、1910年頃には「マリノア」という独立したの犬種として認知されるようになります。なお、被毛が黒いものは「ベルジアングローネンダール」、黒以外の長毛種は「ベルジアンタービュレン」、褐色のラフコートは「ベルジアンラケノア」としてそれぞれ独立していきます。
 第一次大戦前の1910年頃、この犬はすでにアメリカに渡っていましたが、当時は頭数も少なく、知名度を上げるまでには至りませんでした。第二次世界大戦後は徐々に人気を高め、1978年には犬種クラブも設立されています。現在はその万能性を飼われ、警察犬や軍用犬として採用されることもあります。
 犬名は、短毛犬種が多く飼育されていたベルギー・アントウェルペン州にある都市「メヘレン」(Malines)が由来です。

ベルジアンマリノアの性格・特徴

 ベルジアンマリノアの性格は穏やかで従順、頭がよくトレーニングには良く反応します。狩猟本能が強いことで知られていますので、子犬の頃からのしつけが重要となるでしょう。
 身体は、タービュレンとほぼ同様の被毛色で、フォーンからマホガニーまでの短い直毛を特徴としています。顔にかかった黒いマスクや直立した耳も大きな特徴の一つです。

ベルジアンマリノアのお手入れ・注意点

 ベルジアンマリノアには毎日かなりの量の運動や散歩が必要です。2時間程度の長めの散歩やジョギングを取り入れてあげましょう。屋外と室内を行き来でき、なるべく家族と接することのできる環境が理想です。被毛は週1~2回程度のブラッシングで充分です。

ベルジアンマリノアの動画

 以下でご紹介するのはベルジアンマリノアの動画です。
 イラク戦争時には爆弾探知犬として活躍し、延べ数千人の命を救ったとされます。健康面では関節の疾病や目の病気に注意が必要です。
元動画は⇒こちら
ベルジアンマリノアトップへ