トップ犬の種類は行に属する犬の種類ベルジアンラケノア

ベルジアンラケノア

 ベルジアンラケノアの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

ベルジアンラケノアの基本情報

ベルジアンラケノア
  • 体高
    オス⇒ 60~66cm
    メス⇒ 56~62cm
  • 体重
    オス⇒ 25~30kg
    メス⇒ 20~25kg
  • 分類
    Group1(FCI)/Miscellaneous(AKC)
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

ベルジアンラケノアの歴史・ルーツ

 ベルジアンラケノアの起源は、ベルギー国内で「ベルジアンシェパード」という名前で知られていた犬種です。
 1891年、ベルギーのブリュッセルに「ベルジアンシェパードドッグクラブ」が設立され、国内にいる犬の特徴を体系化するための調査が開始されました。その結果、被毛のタイプは違うものの体格的に同一な犬たちが数多く発見され、それらは「ベルジアンシェパード」という一犬種としてくくられるようになります。1900年代初頭になると、上記「ベルジアンシェパード」を被毛の違いによって細分化しようとする動きが起こり、様々な亜種が派生していきました。褐色短毛で顔に黒いマスクがかかったものはベルジアンマリノア、被毛が黒いものはベルジアングローネンダール、黒以外の長毛種はベルジアンタービュレンとなり、フォーンと粗毛という特徴をもったものは、「ベルジアンラケノア」として独立しました。こうして生まれたのが当犬種です。

ベルジアンラケノアの性格・特徴

 ベルジアンラケノアの性格は、活動的で用心深いとされます。長らく牧畜犬として使われてきたため、外敵と見なした者に対しては勇敢に立ち向かいます。
 被毛は、ソフトなアンダーコートと粗毛(ラフ)のアウターコートからなるダブルコートです。長さは6センチ程度で手触りは硬めです。毛色はフォーンが基本で、マズルやしっぽには淡いブラックのオーバーレイがかかります。胸元やつま先の小さなホワイトは許容範囲です。

ベルジアンラケノアのお手入れ・注意点

 ベルジアンラケノアには、毎日最低でも1時間以上の運動をさせてあげる必要があります。被毛の手入れは、週に1回のブラッシングを基本とし、換毛期においては+1~2回とします。

ベルジアンラケノアの動画

 以下でご紹介するのはベルジアンラケノアの動画です。
 犬名の「ラケノア」(Laekenois)は、ベルギー・ブリュッセル首都圏地域北部にあったかつての自治体「ラーケン」(Laeken)に由来しています。この地にあったお城の中で、この犬種が多く育種されていたようです。
元動画は⇒こちら
ベルジアンラケノアトップへ