トップ犬の種類は行に属する犬の種類ベルジアングローネンダール

ベルジアングローネンダール

 ベルジアングローネンダールの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

ベルジアングローネンダールの基本情報

ベルジアングローネンダール
  • 体高
    オス⇒ 61~66cm
    メス⇒ 56~61cm
  • 体重
    オス⇒ 25~28kg
    メス⇒ 25~28kg
  • 分類
    ハーディンググループ
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

ベルジアングローネンダールの歴史・ルーツ

ベルジアン・マリノアとベルジアン・タービュレン  ベルジアングローネンダールの起源は、ベルギー国内で「ベルジアンシェパード」という名前で知られていた犬種です。この犬は「コンティネンタルシェパード」とも呼ばれ、牧羊犬や護衛犬として活躍していました。1893年、ベルジアンシェパードが犬種として認定されると、その中から黒い犬だけを選択的に掛け合わせ、1910年頃には「グローネンダール」という独立したの犬種として認知されるようになります。なお、褐色短毛で顔に黒いマスクがかかったものは「ベルジアンマリノア」、黒以外の長毛種は「ベルジアンタービュレン」、褐色のラフコートは「ベルジアンラケノア」としてそれぞれ独立していきます。
 第一次世界大戦中、この犬種は戦場で見張りや情報の伝令、また荷引き役としてその優秀性を証明し、戦後すぐアメリカに輸出されました。世界恐慌(1929)で一時は頭数が減ったものの、第二次世界大戦(1939~45)で再び軍用犬として活躍したことから人気が回復し、世界中に存在感をアピールしました。
 犬名は、ベルギーやその周辺で飼われていた黒い牧畜犬を「グローネンダール」と呼んでいたことから付けられました。アメリカでは「ベルジアンシープドッグ」(Belgian Sheepdog)とも呼ばれており、AKCにおける登録名もこちらになっています。

ベルジアングローネンダールの性格・特徴

 ベルジアングローネンダールの性格は活発で遊び好きです。やや警戒心が強い面もあります。被毛は、長くて豊かな直毛の上毛と、体全体に密集している下毛の二層構造になっています。光沢のある黒が特徴です。

ベルジアングローネンダールのお手入れ・注意点

 ベルジアングローネンダールには毎日かなりの量の運動や散歩が必要です。2時間程度の長めの散歩やジョギングを取り入れてあげましょう。人間が大好きな社会的な犬ですので、屋外飼育には不向きです。被毛は上毛と下毛の二層構造で、週2回程度のブラッシングが必要となります。また換毛期(抜け毛の時期)には大量の抜け毛が出ますので要注意です。

ベルジアングローネンダールの動画

 以下でご紹介するのはベルジアングローネンダールの動画です。
元動画は⇒こちら
ベルジアングローネンダールトップへ