トップ犬の種類た行に属する犬の種類トイフォックステリア

トイフォックステリア

 トイフォックステリアの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

トイフォックステリアの基本情報

トイフォックステリア
  • 体高
    オス⇒ 21.5~29.2cm
    メス⇒ 21.5~29.2cm
  • 体重
    オス⇒ 2~4kg
    メス⇒ 2~4kg
  • 分類
    トイグループ
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

トイフォックステリアの歴史・ルーツ

 トイフォックステリアはアメリカで発展を遂げた小型のテリア種です。明確な作出過程は不明ですが、おそらくスムースフォックステリアトイマンチェスターテリアイタリアングレイハウンドミニチュアピンシャーチワワ、などの小型犬の血統が用いられたと考えられます。
 UKCでは早くも1936年にテリアグループとして公認されました。アメリカでは1949年に犬種協会が設立され、70年代に入ると公認を求める熱心な活動が展開されましたが、どれもうまくいきませんでした。1994年に設立された別の団体が、9年に及ぶ執念深い活動を続けたことにより、2003年、AKCでようやくトイグループとして公認されました。

トイフォックステリアの性格・特徴

 トイフォックステリアの性格は、飼い主に対して忠実で愛情深いといわれます。しつけなどにもよく反応し、サーカスに用いられたこともあるようです。テリア種の中では比較的おとなしい方で、適切なしつけさえ施せば、無駄吠えやいたずらもある程度は予防できます。適応力が高いため、広い敷地を有する田舎暮らしでも、比較的狭い賃貸住宅暮らしでも大丈夫です。
 トイフォックステリアの被毛は短毛で光沢があり、大部分を白が占め、体や頭部に黒などが混じるパターンが基本です。色はホワイト一色、ホワイトアンドタン、ホワイトアンドブラック、トライカラー(ホワイトアンドブラック+頬と目や唇周辺がタン)、チョコレートアンドタンなどのバリエーションがあります。V字型の耳と大きな目も特徴の一つです。

トイフォックステリアのお手入れ・注意点

 トイフォックステリアのお手入れは、被毛が1センチに満たないことが多いため極めて簡単です。週に1回程度のブラッシングと、たまに濡れタオルで体を拭いてあげる程度で十分です。寒さに弱いため屋外飼育には不向きで、冬季の室温調整は要注意です。健康面では小型犬によくある膝蓋骨亜脱臼、ペルテス病などが報告されています。

トイフォックステリアの動画

 以下でご紹介するのはトイフォックステリアの動画です。
 トイフォックステリアはサドルバッグと呼ばれる騎手の横にぶら下げた小さな袋にも入るよう、また、小動物の隠れた小さな巣穴にももぐりこめるよう選択繁殖された結果、ポケットに入るほど小さな犬になりました。アメリカ原産のアメリカントイブリード(American Toy Breed)であることから「アメトイ」(Amertoy)と呼ばれることもあります。オレゴン州のジャクソンビルでは、三本足のトイフォックステリアが市長に立候補したことで話題になりました。落とすと大怪我につながりますので、子供と犬が遊ぶときには必ず大人の監督が必要です。
元動画は⇒こちら
トイフォックステリアトップへ