トップ犬の種類は行に属する犬の種類ポーリッシュタトラシープドッグ

ポーリッシュタトラシープドッグ

 ポーリッシュタトラシープドッグの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

ポーリッシュタトラシープドッグの基本情報

ポーリッシュタトラシープドッグ
  • 体高
    オス⇒ 65~70cm
    メス⇒ 60~65cm
  • 体重
    -kg
  • 分類
    Group1(FCI)
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

ポーリッシュタトラシープドッグの歴史・ルーツ

 ポーリッシュタトラシープドッグの起源は定かではありません。ポーランドとスロバキアの国境に位置するタトラ山脈付近において、数千年にわたって育種されてきた牧羊犬だと考えられています。
 第二次世界大戦後は絶滅の危機に陥りましたが、1960年代から復興計画が開始され、なんとか個体数を伸ばすことに成功しました。1980年代には、アメリカやカナダへも渡っています。外見がよく似たクーバースとの血縁関係は、今のところ科学的に証明されていません。

ポーリッシュタトラシープドッグの性格・特徴

 ポーリッシュタトラシープドッグの性格は、穏やかで用心深いとされます。飼い主に対しては愛情深く忠実です。
 被毛は長くストレートで、手触りは硬めです。先端にややウェーブがかかることもあります。首周り、四肢の裏側、尻尾の毛はやや長めになります。毛色はホワイト一色が基本ですが、淡いクリーム色の斑はかろうじて許容されます。

ポーリッシュタトラシープドッグのお手入れ・注意点

 ポーリッシュタトラシープドッグには、毎日最低でも1時間以上の運動をさせてあげる必要があります。被毛の手入れは、週に1回のブラッシングを基本とし、換毛期においては+1~2回とします。耳のチェックも定期的に行ってあげるようにしましょう。

ポーリッシュタトラシープドッグの動画

 以下でご紹介するのはポーリッシュタトラシープドッグの動画です。
 ポーランド語では「ポーランドの高原で暮らす牧羊犬」を意味する「ポルスキィ・オフチャーレック・ポトハランスキ」(Polski Owczarek Podhalanski)と呼ばれます。
元動画は⇒こちら
ポーリッシュタトラシープドッグトップへ