トップ犬の種類は行に属する犬の種類ポサバックハウンド

ポサバックハウンド

 ポサバックハウンドの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

ポサバックハウンドの基本情報

ポサバックハウンド
  • 体高
    46~58cm
  • 体重
    18~20kg
  • 分類
    Group6(FCI)
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

ポサバックハウンドの歴史・ルーツ

 ポサバックハウンドの起源は定かではありません。クロアチア産のイストリアンショートヘアードハウンド同様、1497年に描かれたフレスコ画に似た犬の姿を見ることができることから、少なくとも数百年の歴史を持っていると考えられます。主産地は、クロアチアの首都ザグレブの南東に位置するポサヴィナのサバ谷周辺です。
 1800年代後半頃から「boskini」という名で売買されるようになり、1924年にドッグショーデビューを飾りました。1929年から血統管理が開始され、1955年にはFCIの公認を受けています。アメリカのUKCによる公認は2006年です。
 地元クロアチアでは「Posavski Gonic」(ポサビナのハウンド)と呼ばれています。

ポサバックハウンドの性格・特徴

 ポサバックハウンドの性格は、穏やかで飼い主に対して深い愛情を示します。一方、獲物を追いかけているときは非常に活動的です。
 被毛は2~3センチの短毛がストレートに密生しています。下地は赤~小麦で、ブラウンやチョコレート色は望ましくないとされます。ホワイトのマーキングが入るのは、頭、首周り、胸元、四肢と尻尾の先端です。スタミナに溢れ、ハウンド種特有のよく通る高い声を持っており、サバ谷のうっそうとしげる下生えや広大な森の中でも高い作業能力を発揮します。

ポサバックハウンドのお手入れ・注意点

 ポサバックハウンドには、毎日最低でも1時間以上の運動をさせてあげる必要があります。被毛の手入れは汚れた時に濡れタオルで拭いてあげる程度で充分でしょう。

ポサバックハウンドの動画

 以下でご紹介するのはポサバックハウンドの動画です。
 同じくクロアチア産のイストリアンショートヘアードハウンドイストリアンコースヘアードハウンドとは、共通の祖先持っていると考えられます。
元動画は⇒こちら
ポサバックハウンドトップへ