トップ犬の種類あ行に属する犬の種類イストリアンショートヘアードハウンド

イストリアンショートヘアードハウンド

 イストリアンショートヘアードハウンドの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

イストリアンショートヘアードハウンドの基本情報

イストリアンショートヘアードハウンド
  • 体高
    44~56cm
  • 体重
    18kg
  • 分類
    Group6(FCI)
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

イストリアンショートヘアードハウンドの歴史・ルーツ

 イストリアンショートヘアードハウンドの起源は定かではありません。クロアチアのイストリア半島で古くから育種されてきたセントハウンドが祖先だと考えられています。1497年に描かれたフレスコ画や、1719年に記された年代記の中に、この犬種の祖先と思われる犬の姿が散見されることから、少なくとも数百年の歴史を有していることが伺えます。
 血統管理が開始されたのは1920年代に入ってからで、FCIに公認されたのは1949年のことです。その後1973年になってようやくスタンダードが発行され、アメリカのUKCでは2006年に公認されています。
 地元クロアチアでは「Istarski Kratkodlaki Gonic」(イストリアの短毛ハウンド)と呼ばれ、ペットというよりも現役の作業犬として活躍しています。同じくクロアチア産のハウンドとしてはポサバックハウンドイストリアンコースヘアードハウンドが有名です。

イストリアンショートヘアードハウンドの性格・特徴

 イストリアンショートヘアードハウンドの性格は穏やかで優しく、飼い主に対して深い愛情を示します。一方、獲物を追いかけているときは非常に活動的です。
 短い被毛はなめらかで光沢があり、手触りは硬めです。色は白地にオレンジか~レモンの斑が入ります。長い足と尻尾を持ち、頭の幅は広く三角形の耳は垂れ下がっています。獲物を追っている時は、ハウンド種特有の鋭く長い鳴き声を出します。

イストリアンショートヘアードハウンドのお手入れ・注意点

 イストリアンショートヘアードハウンドには毎日最低でも1時間以上の運動をさせる必要があります。被毛の手入れは汚れた時に濡れタオルで拭く程度で充分です。週1くらいのペースで耳のチェックもしてあげましょう。

イストリアンショートヘアードハウンドの動画

 以下でご紹介するのはイストリアンショートヘアードハウンドの動画です。
 バルカン半島において最も古い歴史を有していると考えられています。
元動画は⇒こちら
イストリアンショートヘアードハウンドトップへ