トップ犬の種類は行に属する犬の種類ポルスレーン

ポルスレーン

 ポルスレーンの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

ポルスレーンの基本情報

ポルスレーン
  • 体高
    オス⇒ 55~58cm
    メス⇒ 53~56cm
  • 体重
    -kg
  • 分類
    Group6(FCI)
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

ポルスレーンの歴史・ルーツ

 ポルスレーンの起源は定かではありません。フランス革命前の1700年代、ブルゴーニュ地方に存在したクリュニー修道院や、政治家であるシュワズール公爵邸にいた、ホワイトとオレンジの犬が元になっていると考えられています。
 1800年代の半ばまで「ブリケ・フラン・コントワ」と呼ばれていたこの犬はその後、ハリヤーガスコンサントンジョワビリーなどと掛け合わされ、現存するポルスレーンの原型になったと推測されます。
 フランス国内にある犬種クラブの情報によると、犬名は1800年代後半に小説家のマルキ・ド・フードラが名づけたもので、直訳すると「磁器」という意味になります。美しい白い被毛を陶磁器に見立てたのでしょう。

ポルスレーンの性格・特徴

 ポルスレーンの性格は、元気いっぱいで活動的です。
 被毛は非常に短くスムースです。毛色は透き通るようなホワイトを基調とし、そこにオレンジのスポットが入ります。皮膚にある黒っぽい斑点は、白い被毛を通して視認することができます。

ポルスレーンのお手入れ・注意点

 ポルスレーンには、毎日最低でも1時間以上の運動をさせてあげる必要があります。被毛の手入れは、汚れた時に濡れタオルで拭いてあげる程度で大丈夫でしょう。耳のチェックも定期的に行ってあげるようにします。

ポルスレーンの動画

 以下でご紹介するのはポルスレーンの動画です。
 革命以前にフランス王室で使われていた「Blanc du Roi」と呼ばれるホワイトの猟犬が血統に入っていると考えられています。フランスでは、フランス東部~スイス国境に位置する「フランシュ・コンテ地域圏」にちなみ、「シャンドフランシュコンテ」(Chien de Franche-Comte)とも呼ばれます。
元動画は⇒こちら
ポルスレーントップへ