トップ犬の種類は行に属する犬の種類ハリヤー

ハリヤー

 ハリヤーの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

ハリヤーの基本情報

ハリヤー
  • 体高
    オス⇒ 48~53cm
    メス⇒ 48~53cm
  • 体重
    オス⇒ 18~27kg
    メス⇒ 18~27kg
  • 分類
    ハウンドグループ
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

ハリヤーの歴史・ルーツ

 ハリヤーはイギリスを原産とする小~中型犬で、主にウサギ狩りのお供として発展したことから「ヘア・ハウンド」(野うさぎの猟犬)の異名を持ちます。
 明確な起源は定かではなく、ノルマン人によってイギリスに持ち込まれたサザンハウンドを起源とする説、イングリッシュフォックスハウンドブラッドハウンドバセットハウンド、はたまたグレイハウンドを掛け合わせてできたとする説など様々です。
 元になった犬はともかく、記録に残っている最古のハリヤーは、1260年代、エリアス・デ・ミッドホープ卿がウサギ狩りに適した猟犬として改良した一群の犬たちです。これらの犬はその後優れた猟犬として西ヨーロッパやウェールズに伝播しました。アメリカでは1700年代から猟に用いられ、早くも1885年にはAKCでハウンドグループに公認されています。なお、ハリヤーという犬名の語源は定かではありませんが、ノルマン語で「猟犬」を意味する「harier」に由来するという説が有力です。

ハリヤーの性格・特徴

 ハリヤーの性格は元気いっぱいで心優しく、忍耐強く子供ともうまく付き合えます。群れで行動することが好きで、人間や他の犬との共生が望ましいとされます。
 身体は小~中型、短毛、垂れ耳が特徴です。「イングリッシュフォックスハウンドの小型版」、あるいは筋肉質であることから「筋肉増強剤を打ったビーグル」などとも呼ばれます。しっぽはカーブせずにぴんと立ち、眼の色はヘーゼルかブラウン、幅の広い鼻はブラックです。被毛色に規定はありませんが、最も多いのはブラック、タン、ホワイトによるトライカラーで、次いでレモン/ホワイト、レッド/ホワイトのバイカラーが続きます。平均寿命は10~12年程度で、股関節形成不全症がやや発症しやすい傾向にあります。

ハリヤーのお手入れ・注意点

 ハリヤーのお手入れは週に1~2回程度のブラッシングで十分です。エネルギーに満ち溢れているため、肥満やストレスによる破壊行動を予防するためにも、毎日の散歩やランニングが欠かせません。また、垂れ耳ですので湿気がこもらないよう定期的にチェックしましょう。

ハリヤーの動画

 以下でご紹介するのはハリヤーの動画です。
元動画は⇒こちら
ハリヤートップへ