トップ犬の種類か行に属する犬の種類ガスコンサントンジョワ

ガスコンサントンジョワ

 ガスコンサントンジョワの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

ガスコンサントンジョワの基本情報

ガスコンサントンジョワ
  • 体高
    グラン⇒ 62~72cm
    プチ⇒ 54~62cm
  • 体重
    -kg
  • 分類
    Group6(FCI)
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

ガスコンサントンジョワの歴史・ルーツ

 ガスコンサントンジョワの起源は、1700年代に優秀な猟犬として名を馳せていた「サントンジョワハウンド」という犬種です。この犬は、1700年代後半に起こったフランス革命により大打撃を受け、生き残ったのはオス1頭メス2頭からなるわずか3頭だけだったといいます。その後1800年代に入ると、ジョゼフ・ド・カレイヨン・ラトゥール伯爵が、グランブルードガスコーニュと掛け合わせることで個体数を回復しようとしましたが、結局サントンジョワハウンドの血統は途絶え、そのかわり交配種である「ガスコンサントンジョワ」が誕生しました。
 1900年代中ごろになると、フランス南西部において、野ウサギなどの小さい獲物に合わせて体格が一回り小さい猟犬を選択的に繁殖するようになりました。こうして生まれたのが「プチガスコンサントンジョワ」(プチとは”小さい”という意味)です。一方、イノシシやシカなど大きい獲物のハンティングに用いられていた従来のものは「グランガスコンサントンジョワ」(グランとは”大きい”という意味)と呼び分けられるようになりました。

ガスコンサントンジョワの性格・特徴

 ガスコンサントンジョワは群れで行動する習性があるため、人間や他の動物と比較的すぐに仲良くなれます。
 被毛は短くぴっちりしており、パターンは白い地色に黒のパッチや斑点が入ります。顔に歌舞伎の「くまどり」のような模様が入るのも大きな特徴です。顔の側面には、まるでほほ紅のように薄くタンが入ります。

ガスコンサントンジョワのお手入れ・注意点

 ガスコンサントンジョワには、毎日最低でも1時間以上の運動をさせてあげる必要があります。被毛の手入れは汚れた時に濡れタオルで拭いてあげる程度で大丈夫でしょう。耳の手入れは週1くらいのペースで定期的に行うようにします。

ガスコンサントンジョワの動画

 以下でご紹介するのはガスコンサントンジョワの動画です。
元動画は⇒こちら
ガスコンサントンジョワトップへ