トップ犬の種類か行に属する犬の種類カタフーラレパードドッグ

カタフーラレパードドッグ

 カタフーラレパードドッグの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

カタフーラレパードドッグの基本情報

カタフーラレパードドッグ
  • 体高
    51~66cm
  • 体重
    18~30kg
  • 分類
    FSS(AKC)
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

カタフーラレパードドッグの歴史・ルーツ

 カタフーラレパードドッグの起源は定かではありません。ネイティブインディアンが現在アメリカ・ルイジアナ州に当たる地域に移住してきたとき、すでにこの犬の祖先となる犬を伴っていたとする説や、1500年代、スペイン人がこの地域に持ち込んだ大型犬やグレーハウンドと、野生のオオカミが混じりあったとする説があります。また1800年代、フランスからの移住者とともにやってきたボースロンが、地元のオオカミと交じり合って生まれたとする説もあります。いずれにしてもこの犬は、ルイジアナ州において少なくとも200年以上の歴史を持っているものと考えられます。
 犬名は、ルイジアナ州にある「Catahoula Lake」に由来しており、「カタフーラ」(Catahoula)はネイティブインディアン・チュクチ族の言葉で「聖なる湖」を意味します。また別名も豊富で、一例を挙げると「カタフーラホグドッグ」、「カタフーラハウンド」、「カタフーラカー」などです。1979年にルイジアナ州の州犬に指定されてからは、頭に州名を冠して「ルイジアナカタフーラレパードドッグ」と呼ばれることもあります。

カタフーラレパードドッグの性格・特徴

 カタフーラレパードドッグの性格はとても賢く快活です。自己主張が強い面もありますが、攻撃的になる事はさほどありません。
 被毛はブルーマール、レッドマール、ブリンドル、各種のソリッドカラーなどです。ソリッドカラーの場合は、顔、足、胸元などにホワイトのマーキングが入ります。ヒョウ柄(leopard)を持つものは、被毛の色によって「レッドレパード」、「ブルーレパード」、「ブラックレパード」、「グレーレパード」などと呼び分けられ、毛質は粗毛、スリック、ウーリーなど様々です。ブルーからブルーホワイトの瞳は、時に「ひびの入ったガラス」(cracked glass)などと形容されます。健康面に関しては、被毛に白が多く混じっている個体に聴覚障害が多く発生することが知られています。

カタフーラレパードドッグのお手入れ・注意点

 カタフーラレパードドッグには、一日最低でも1時間程度の運動をさせてあげましょう。団体生活を好みひとりぼっちにされることを嫌う犬種ですので、屋外飼育はおすすめできません。被毛の手入れは、毛質にかかわらず週に1~2回ブラッシングをしてあげましょう。

カタフーラレパードドッグの動画

 以下でご紹介するのはカタフーラレパードドッグの動画です。
 「カタフーラカー」(Catahoula Cur)と言う別名もありますが、「Cur」という言葉には「雑種」という軽蔑的な響きがあるため、あまり使われていません。
元動画は⇒こちら
カタフーラレパードドッグトップへ