トップ犬の種類か行に属する犬の種類カレリアンベアドッグ

カレリアンベアドッグ

 カレリアンベアドッグの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

カレリアンベアドッグの基本情報

カレリアンベアドッグ
  • 体高
    オス⇒ 54~60cm
    メス⇒ 49~55cm
  • 体重
    オス⇒ 25~28kg
    メス⇒ 17~20kg
  • 分類
    Group5(FCI)/FSS(AKC)
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

カレリアンベアドッグの歴史・ルーツ

 カレリアンベアドッグの起源は定かではありません。フィンランド南東部からロシア北西部にまたがるカレリア地方において、おそらく新石器時代の頃から生息していたものと考えられています。
 フィンランドでは古くから、熊やヘラジカ、野生のイノシシなど大型動物のハンティングに利用されてきました。計画的に繁殖が開始されたのは1936年からで、スタンダードが公認されたのは1946年のことです。繁殖過程では、レッドやレッドグレーの被毛がふるい落とされ、ブラックアンドホワイトのみが選好されました。
 現在この犬は、地元フィンランドで国宝に指定されており、またアメリカ・カリフォルニア州にあるヨセミテ国立公園や、モンタナ州にあるグレイシャー国立公園においては、熊の頭数制限に一役買っています。

カレリアンベアドッグの性格・特徴

 カレリアンベアドッグの性格は、自信に満ち溢れ勇敢です。人に対しては忠実ですが、見知らぬ犬に対しては防衛本能が働いてしまうこともあります。
 被毛は、やや茶色がかったブラックを下地とし、頭、首、胸元、腹部、足にホワイトのマーキングが入ります。黒と白の割合は7対3が理想とされます。背中にくるっと巻き上がった尻尾も特徴の1つです。

カレリアンベアドッグのお手入れ・注意点

 カレリアンベアドッグには、毎日最低でも1時間程度の運動をさせてあげる必要があります。広い家と広大な敷地を持った家庭が理想です。被毛の手入れは、 1週間に1度ブラッシングをする程度で充分でしょう。

カレリアンベアドッグの動画

 以下でご紹介するのはカレリアンベアドッグの動画です。
 非常に活発な犬種であるため、室内に閉じ込めるような生活環境には向いていません。しつけに習熟したベテランの飼い主に適しています。
元動画は⇒こちら
カレリアンベアドッグトップへ