トップ犬の種類か行に属する犬の種類カルパチアンシェパードドッグ

カルパチアンシェパードドッグ

 カルパチアンシェパードドッグの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

カルパチアンシェパードドッグの基本情報

カルパチアンシェパードドッグ
  • 体高
    オス⇒ 65~73cm
    メス⇒ 59~67cm
  • 体重
    -kg
  • 分類
    Group1(FCI)
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

カルパチアンシェパードドッグの歴史・ルーツ

 カルパチアンシェパードドッグの起源は、ルーマニアのカルパチア山脈やドナウ川周辺において、数百年に渡って育種されてきた土着の犬です。彼らの役割は主に家畜を守ることでした。
 最初のスタンダードが作成されたのは1934年のことで、その後1982年、1999年、2001年に修正が加えられました。ベルギーに本拠地を持つFCIによって公認されたのは2002年のことです。

カルパチアンシェパードドッグの性格・特徴

 カルパチアンシェパードドッグの性格は自信に満ち溢れて落ち着きがあります。長年にわたって家畜を守ってきた犬種ですので、主人に対しては忠実な反面、外敵に対しては強い警戒心を示します。
 被毛は柔らかいアンダーコートと、やや硬めで直毛のアウターコートからなるダブルコートです。首、四肢の裏側、尻尾の毛が長いことも特徴の1つです。色はペールフォーンの上にウルフグレーが薄くかかったような色合いを呈します。オスとメスの体格差が大きいことで知られています。

カルパチアンシェパードドッグのお手入れ・注意点

 カルパチアンシェパードドッグには毎日最低でも1時間以上の運動をさせてあげる必要があります。被毛の手入れは、もつれや汚れを防ぐため週に2回程度ブラッシングしてあげるのが理想です。

カルパチアンシェパードドッグの動画

 以下でご紹介するのはカルパチアンシェパードドッグの動画です。
 ドイツの動物学者、アルフレート・ブレーム(Alfred Edmund Brehm)が1860年代に出版した「ブレーム動物事典」の中では既に、カルパチアンシェパードドッグに関する記述が見られます。
元動画は⇒こちら
カルパチアンシェパードドッグトップへ