トップ犬の種類か行に属する犬の種類カストロラボレイロドッグ

カストロラボレイロドッグ

 カストロラボレイロドッグの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

カストロラボレイロドッグの基本情報

カストロラボレイロドッグ
  • 体高
    オス⇒ 58~64cm
    メス⇒ 55~61cm
  • 体重
    オス⇒ 30~40kg
    メス⇒ 25~35kg
  • 分類
    Group2(FCI)
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

カストロラボレイロドッグの歴史・ルーツ

 カストロラボレイロドッグの起源は定かではありません。イベリア半島に古くからいる大型犬種を元にして、ポルトガル北部の山岳地帯に位置する「カストロラボレイロ」(Castro Laboreiro)という村で発達を遂げたと考えられています。
 1914年にドッグショーデビューを飾り、1935年には最初のスタンダードが作成されました。現在は、地元の犬種協会やベルギーに本拠地を持つFCIのほか、アメリカのUKCにおいて公認されています。世界中に500頭ほどしか存在しない、希少犬種の1つです。

カストロラボレイロドッグの性格・特徴

 カストロラボレイロドッグの性格は、用心深く、見知らぬ者に対しては警戒心を示しますが、家族に対しては忠実で穏やかです。
 被毛は5センチメートルほどと短く、アンダーコートをもたないシングルコートです。色は、ライトグレーとダークグレーが入り交じったブリンドルに、ブラウンやダークレッドの毛が入る「マウンテンカラー」が理想とされます。

カストロラボレイロドッグのお手入れ・注意点

 カストロラボレイロドッグには、毎日最低でも1時間以上の運動をさせてあげる必要があります。被毛の手入れは週に1回のブラッシングと、汚れた時に濡れタオルで拭いてあげる程度で大丈夫でしょう。

カストロラボレイロドッグの動画

 以下でご紹介するのはカストロラボレイロドッグの動画です。
 カストロラボレイロドッグはかつて、家畜の群れを統率したり狼などから守っていましたが、輸送機関の発達や狼の減少により、活躍の場が次第に失われていきました。地元では「カストロラボレイロの犬」を意味する「Cao de Castro Laboreiro」と呼ばれています。また英語圏では、「ポーチュギーズキャトルドッグ」(Portuguese Cattle Dog)とも呼ばれます。
元動画は⇒こちら
カストロラボレイロドッグトップへ