トップ犬の種類は行に属する犬の種類ポーリッシュハンティングドッグ

ポーリッシュハンティングドッグ

 ポーリッシュハンティングドッグの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

ポーリッシュハンティングドッグの基本情報

ポーリッシュハンティングドッグ
  • 体高
    オス⇒ 50~59cm
    メス⇒ 50~55cm
  • 体重
    -kg
  • 分類
    Group6(FCI)
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

ポーリッシュハンティングドッグの歴史・ルーツ

 ポーリッシュハンティングドッグの起源は定かではありません。1200~1300年代のポーランドにおいて、上流階級の人々が狩猟に用いていたセントハウンドが元になっていると考えられています。
 1600年代ごろから系統が分かれ始め、1800年代に入る頃には、明確に体格が違う2つのセントハウンドに分岐したようです。1900年代に入ると、ポーランド東部にある山岳地帯の地形に合わせ、体重の軽い方が自然と発展を遂げるようになりました。
 ポーランド南東部のポトカルパチェ県において、畜犬学者ヨゼフ・パブスレビッチ(Jozef awuslewicz, 1903~1979)がこの犬種の育種に努めた結果、国内の犬種協会で公認されるようになりました。その後ベルギーに本拠地を持つFCIにおいても国際的に公認されています。なお、当犬種よりも体が一回り大きいタイプはポーリッシュハウンドという名で区別されます。

ポーリッシュハンティングドッグの性格・特徴

 ポーリッシュハンティングドッグの性格は、勇敢で怖いもの知らずです。一方、飼い主に対して忠実で深い愛情を示します。
 被毛は、豊かなアンダーコートの上に短めなアウターコートが乗ります。毛色のパターンは、ブラックアンドタン、ブラウン(チョコレート)アンドタン、レッドなどです。タンは両眼の上、マズル、首の前面、四肢の先端、腿の内側、尻尾の裏側に入ります。

ポーリッシュハンティングドッグのお手入れ・注意点

 ポーリッシュハンティングドッグには、毎日最低でも1時間以上の運動をさせてあげる必要があります。被毛の手入れは、週に1回のブラッシングを基本とし、汚れた時に濡れタオルで拭いてあげる程度で大丈夫でしょう。耳のチェックも定期的に行ってあげるようにします。

ポーリッシュハンティングドッグの動画

 以下でご紹介するのはポーリッシュハンティングドッグの動画です。
 イグナツィ・ボガティンスキィ(Ignacy Bogatynski)という人物が、1823~1825年頃に書き残した細かな描写が、この犬種に関する最初のスタンダードだと言われています。ポーランドでは、「ポーランドの猟犬」を意味する「ゴンチィポルスキ」(Gonczy Polski)と呼ばれます。
元動画は⇒こちら
ポーリッシュハンティングドッグトップへ