トップ犬の種類は行に属する犬の種類ピカーディシープドッグ

ピカーディシープドッグ

 ピカーディシープドッグの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

ピカーディシープドッグの基本情報

ピカーディシープドッグ
  • 体高
    オス⇒ 60~65cm
    メス⇒ 55~60cm
  • 体重
    23~32kg
  • 分類
    Group1(FCI)/Miscellaneous(AKC)
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

ピカーディシープドッグの歴史・ルーツ

 ピカーディシープドッグの起源は定かではありません。フランス北部のピカルディ地方(Picardie)において、古くから牧羊犬として活躍していた犬が元になっていると考えられています。
 ドッグショーデビューを飾ったのは1863年のことで、このときはボースロンブリアードと同一犬種として扱われていました。その後1922年に最初のスタンダードが作成され、1925年、他の2つとは全く別の犬種として独立しました。
 第二次世界大戦後になって人気が高まり、1955年には犬種クラブが設立されています。フランスの犬種協会である「Societe Centrale Canine」によって公認されたのは1964年のことです。
 地元フランスでは、「ピカルディの牧羊犬」を意味する「ベルジェドピカルディ」(Berger de Picardie )、もしくは「ベルジェピカール」(Berger Picard)と呼ばれます。

ピカーディシープドッグの性格・特徴

 ピカーディシープドッグの性格は、従順で怖いもの知らずです。バランスがとれており、極端に攻撃的になったり臆病になったりすることはありません。
 被毛は5~6センチのセミロングで粗く、手触りはこわごわです。豊富なアンダーコートを有しています。毛色は、フォーン、フォーンにダークオーバーレイ、フォーンブリンドル、グレイなどです。ホワイトの班は望ましくないとされます。

ピカーディシープドッグのお手入れ・注意点

 ピカーディシープドッグには、毎日最低でも1時間以上の運動をさせてあげる必要があります。被毛の手入れは週に1回のブラッシングを基本とし、時折、死毛を指先で引き抜いてあげるプラッキングを施してあげます。

ピカーディシープドッグの動画

 以下でご紹介するのはピカーディシープドッグの動画です。
 2005年に公開されたアメリカの映画「Because of Winn-Dixie」では、主役の「Winn-Dixie」役としてこの犬種が選ばれました。
元動画は⇒こちら
ピカーディシープドッグトップへ